パートナーエージェントのレベルは??結婚したい人は必見です!!

日本では3組に1組のカップルが離婚しているそうです。すごい離婚率ですよね。

結婚には恋愛結婚とお見合い結婚がありますが、それぞれの離婚率は、

恋愛結婚 40%

お見合い結婚 10%

となっているそうです。なせこんなに差があるかと言うと、2つの結婚のゴールの違いにあります。

恋愛の最初のゴールは付き合う事で、その後に結婚となります。一方、お見合いの最初のゴールは結婚する事で、次に幸せになる事なんです。

2つの結婚方法は将来を見つめる先が明らかに違うので、離婚率の差が出て当然なんですよね。

恋愛結婚が悪いといってる訳ではなく、本当に結婚してから幸せになりたいと思う気持ちが強い人こそ、お見合い結婚をおすすめします。

少子高齢化が進む今、結婚相談所と言われるところは日本全国に数多く存在します。インターネットで結婚相談所と検索するとものすごい数が出てきますよね。これだけ数が多いとどこの結婚相談所がいいのかわからなくなってしまいます。

真剣に恋人を探しているわけですし、結婚相談所に加入するのも勇気がいる訳ですから、どうせ加入するのならレベルが高いところがいいですよね。

ということで結婚相談所の一つであるパートナーエージェントに入会している会員の質や料金など、恋人が欲しい人、結婚を真剣に考えている人は気になるところだと思います。パートナーエージェントのレベルはどの程度なのか徹底調査してきました。

パートナーエージェントの入会資格は?

せっかく見つけた結婚相談所、でも自分が入れなかったら意味がありません。誰でも入会は可能なのか気なります。パートナーエージェントの入会資格についてご説明します。

入会資格

①年齢

  • 男性:22歳~54歳前後
  • 女性:20歳~44歳前後

②仕事・収入

男性においては定職についていて、一定以上の収入がある方

③婚歴

独身者、事実上の婚姻関係にない方。

※3ヶ月以内に、公的機関から発行された独身証明書の提出が必要です

残念ながら男性は誰でも入会できる訳ではなさそうです。定職についていることが条件になるので、フリーターやニートの方は入会できないということですね。

公的機関から発行される独身証明書の提出が必要というのは、徹底されていますね。

パートナーエージェントにはどんな人が入会しているの?

女性が男性に求める三大条件は「年齢・収入・身長」です。まずは年齢から見ていきましょう。

独身女性ナオ
私は自分より年上がいいな♪
独身男性タカシ
俺は自分より年下がいいな♪

女性は自分より年上、男性は自分より年下がいいという人は他にも何人かいるのではないでしょうか?女性だけでなく、男性としても会員の年齢は気になります。

気になる会員の年齢は?

引用:パートナーエージェント公式HP

ここにパートナーエージェントの会員年齢別比率のグラフがあります。男性では36歳以上が多いように見えますので、自分より年上がいいという30代の女性はチャンスかもしれないです。また、パートナーエージェントでは自分より年齢が約10歳上の人をターゲットにするとマッチングしやすくなるそうです。

女性では30歳~40歳が最も多いですね。それに対して男性は36歳以上の人が多いので、自分より年下がいいという40代の男性は逆にチャンスかもしれないです。

さらに、男女ともに20代の会員は少ないようです。
女性にとって20代女性参加者が少ないというのは大きなメリットになると思います。やはり男性としては若い女性に集まる傾向があると思いますが、20代女性が少ないため、そういった事態は回避出来そうです。

男女ともに20代の参加者は少ないので、パートナーエージェントは最後の砦という考えが強いのでしょうか。

気になる年収は??

年齢のほかにもう一つ気になるのは、年収です。結婚となると、生活に何かとお金が必要になります。さらに、子どもが生まれると学費などで必要になるお金はさらに増えます。安定した生活を送るためにも結婚するならある程度はお金を持っている人がいいですよね。

気になる会員の年収を公開します!!

引用:パートナーエージェント公式HP

パートナーエージェントに入会している男性の半数近くは、年収が400万~800万です。この年収であれば、「共働きの妻と子ども1~2人」の家庭であれば安定した生活が送れるそうです。

独身女性ナオ
年収800万なんて素敵ね

年収800万もあれば、結構いい生活が送れそうですね。ただ、高収入の男性と結婚すると、夫婦の時間が取れなくなるというデメリットが存在します。年収がいいから結婚するというのも考えものです。

ちなみに女性の年収は200万~400万が最も多かったです。

入会時のチェックで年収のほかにも既婚者の方や健康に不安のある方は入会が出来ないようなシステムになっています。つまり、パートナーエージェントでは結婚に適していると判断された人しか加入していないので、会員の質はいいと判断してもよさそうです。

パートナーエージェントの料金は?

結婚相談所であるパートナーエージェント。気になるのはやっぱり費用ですよね。料金によっても入会するか決めるといっても過言ではありません。パートナーエージェントの料金は、登録料・月会費・初期費用・成婚料があります。

かかる費用の種類
  • 登録料:入会に必要な費用
  • 初期費用:サービス利用や活動の準備をするための費用
  • 月会費:在籍中に受けるサービス等の会員権利を担保する費用
  • 成婚料:成婚による退会時に発生する成功報酬

パートナーエージェントの代名詞!!チームサポートコース

パートナーエージェントといったら、チームで婚活をサポートするという「チームサポートコース」です。これを目当てで入会する人も多いはず、でも料金などが気になるところだと思います。

チームサポートコースは、専任コンシェルジュをリーダーとするサポートチームのもと、スマート婚活プログラムを最大限に活用し、あなたとパートナーエージェントの二人三脚で成婚を目指すコースです。スマート婚活プログラムとチーム婚活であなたを成婚までサポートします。

詳しくは

パートナーエージェントの料金はいくらするのか?徹底調査!

をご覧ください。

 

まとめ

  • コンシェルジュが親切という口コミが多い
  • 残念ながら男性は誰でも入れる訳ではなかった
  • 男性は36歳以上、女性は30~40歳の会員が多かった
  • 入会にはいろいろな審査基準があった
  • 料金は少し高めだった

パートナーエージェントでは結婚に適していると判断された人しか入会できないことを考えると、会員の質は高いと考えて良さそうです。男性の会員に関しては入会時に年収や定職に就いているかの審査があるため、そういう面から考えてもやはり質は高いほうであると思います。

恋愛偏差値が低いと思っている方は必見です。


昔は約7割がお見合いで結婚していました。言い換えれば、お見合いのおかげで結婚できる人が多かったんです。

その後、徐々に恋愛結婚が増えていき、お見合い結婚は約6%まで減りました。

今、恋愛結婚が主流の中、恋愛が苦手な方、積極的にいけない人など恋愛偏差値がそんなに高くないにとっては大変厳しい現状なんです。

でも、そんな方もきっかけやお見合いのチャンスがあれば、結婚できる可能性が一気に上がります。まずはきっかけ作りから始めることが大事です。そうすることで、結婚して幸せをつかむことができると思います。

結婚情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です