パートナーエージェントの佐藤茂社長は婚活業界の革命児!!

人付き合いが苦手
喋りもそんなに上手くない
本当は結婚に興味はあるが、今さら人には言えない
今の自分の生活に若干満足してる
振られるのがいやだから守りに入る
とりあえず今を現状維持

もしかしたら僕は結婚に向いてないかも。。

今までの僕はこんな感じでした。

でも、婚活EQ診断で自己分析し、自分の弱点や良いところを見つめ直したら人生変えることができました。


本当に結婚に向いてるかわからない方は話題の「婚活EQ診断」で自己分析してみよう♪ 婚活EQ診断
診断はたったの3分!しかも無料で気軽にできます。

飛ぶ鳥を落とす勢いで成長中の大手結婚相談所パートナーエージェント。ブラックジャックとドロンジョの婚活を題材にした「想像を超える出会いを」という広告や「1年婚活」といったキャッチフレーズ、一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

そんなパートナーエージェントを設立、現在も取り仕切る敏腕社長が佐藤茂氏です!社長というと、なんだか偉そう、社員に実務は任せて自分は遊んでいる、などマイナスなイメージも付きまといますが、佐藤氏はそんな社長たちとは全く違います。

この記事では、そんな佐藤茂社長の業績や経歴、考え方などを紹介します。この記事を読み終わったときには、こんな魅力的な人が社長をしている会社なら信頼できるし、パートナーエージェントに入会したい!ときっと思いますよ!

パートナーエージェント社長の佐藤茂はすごい人!

いきなり佐藤茂社長とは!と言われても、すごい人じゃなければ特にその人について詳しく知りたいと思わないですよね。ということで、まずはパートナーエージェントの佐藤茂社長は婚活業界にどんな影響をもたらしたすごい人なのかをお伝えしたいと思います。

佐藤茂社長は、よくいるお飾りの社長とは違う実力派のすっごい社長さんなんです!

佐藤茂社長が成し遂げた偉業はこれだ!

大小含め全国に4,000件近く存在する結婚相談所ですが、平均の成婚率ってどれくらいか知っていますか?なんと10%以下なんです!結婚相談所の歴史は意外と古く昭和40年代頃から存在していて、すでに50年以上も歴史がある事業なのに、これはあんまりですよね。

今でこそ「婚活」という言葉がメジャーになって、少し結婚相談所のイメージも良くなってきていますが、それでも何となく婚相談所について不信感を抱いてしまうのは、この成婚率の低さのためではないでしょうか。

独身男性タカシ
「結婚相談所」というと、何となくぼったくられるようなイメージがあります。高いお金を払って入会したからといって、本当に結婚できるのか怪しいですよね。実際友達で結婚相談所で出会って結婚したという人はいないですし。

婚活業界では「お客様に合う人を紹介するのが結婚相談所のゴールであり、そのあと結婚するかしないかはその人たち次第」という考え方が一般的でした。

しかし佐藤茂社長は「結婚したくて高いお金を払って入会してくれているのに、その中の10%の人しか結婚という結果を手に入れられていないのはおかしい!」という誰もが思ってたかもしれないけれど言わなかったことを声を大にして言ったのです。

そして、婚活業界の常識を変えたいという信念を持って2006年にパートナーエージェントという結婚相談所を設立しました。

パートナースタッフ
社長は設立当初「この国の結婚情報サービスは信用されていないと思われている」という挑戦的な広告を出し、慣習化した婚活業界にメスを入れたのです!まさに婚活業界の革命児ですね☆

結婚という結果を出すことを1番に考えた佐藤茂社長は、お客様1人につき専任のコンシェルジュをつけました。

結婚というゴールに向けて成婚するまで徹底サポート、うまくいかなければ理由を考え対策を練り、ゴールに向けての作戦を練り直すという方式をとり、お客様を成婚まで放置しないということを徹底しました。

そして、なんと他社の平均が約10%と変化がない中、パートナーエージェントは2016年には他の企業の3倍近い28.6%という高い成婚率を叩き出したのです!

佐藤茂社長がしたすごいことはこれだ!

【成婚率約10%】が常識の婚活業界で、他企業の3倍近い【成婚率約28.6%】を実現した。

佐藤茂社長ってどんな人?経歴から探る!

さて、佐藤茂社長がしたすごいことが分かったら、どんな人でどんな人生を歩んできたのかちょっと気になってきませんか?

僕はこの人すごいな~と思ったら、どんな人生を歩んできたらこんなすごい人になるんだろう?とその人の人となりや経歴がすごく気になってすぐ調べちゃいます。

佐藤茂社長の半生を見ていたら、こんな考え方で動けばこんな結果に結びつくのか!と成功の理由が見えてきてとっても面白く、勉強になりました!

佐藤茂の経歴
  • 1973年 東京都世田谷生まれ
  • 駒澤大学経済学部卒業
  • 1997年 ネット広告代理店「オプト」に入社
  • 2000年 大手結婚相談所「サンマリエ」に入社
  • 2002年 同社常務取締役へ昇格
  • 2006年6月 テイクアンドギヴ・ニーズに入社
  • 新設立の子会社の代表取締役に抜擢される
  • 2006年9月 パートナーエージェント設立

大学を卒業してから、2回も転職をされ、パートナーエージェントを設立されていますね。山あり谷ありの佐藤茂社長の人生をのぞき見しちゃいましょう!

高校時代は特に何も考えずに過ごしていた

佐藤氏は東京生まれですが、小中学校までは千葉県我孫子市で育ちました。2人のお姉さんがいて、親戚も女の子ばかりだったため男の子は珍しく、周囲からとても可愛がられ、優しい子に育ったそうです(笑)

高校は地元の高校ではなく都内の巣鴨駅近くにある私立本郷高校に進学しましたが、その理由が何とも単純というか…面白いです。

中3のとき付き合っていた彼女が本郷高校の近くの高校に進学するから、あんたも近くの高校にしなさい、でもあんたは浮気性だから同じ高校じゃなくて男子高校にしなさい、と言われたからなんだそうです。

当時の佐藤茂社長の成績では本郷高校は難しかったのに、彼女のために猛勉強、偏差値を15も上げて何とか合格!それなのに、入学して1週間で振られてしまったんです…。

パートナースタッフ
「キスもしてくれないし手もつないでくれないし不満だった」というのが振られた理由だったそうです。浮気性どころか、本当はすごい奥手だったため彼女には物足りなかったみたい、と社長はおっしゃっていました(笑)

そんな不純な理由で入学したため、高校時代は部活に入ることもなく渋谷で遊びほうけ、学校にはまともに口をきく友達が1人もいなかったそうです。何の生きがいも見いだせなかった空白の時代と社長は自らを振り返っています。

独身男性タカシ
社長になったりすごいことを成し遂げたりする人って、小中高時代から何かしら立派な考えを持っているものだろうな、と思っていたので、これは意外でした。逆にちょっと親近感がわいちゃいましたね。

勉強する目的が分からずイライラして遊び回っていた佐藤氏。ある時、高校の先生に「お前は何になりたいのか?」と聞かれました。

「金持ちになりたい」と答えると、「それなら学生をやめてブルドーザーの運転手になれば3,000万円ぐらいすぐ稼げるぞ」と言われはっとしたそうです。

独身男性タカシ
え?僕はこの先生の言葉を聞いてもへ~ぐらいで全然はっとしないけれど…佐藤氏は何に気付いたんでしょうか?

先生の話でいうと、佐藤氏は金持ちになるという目的を達成するためには、例えばブルドーザーの運転手になればいいと分かりました。

ブルドーザーを運転するにはどうしたらいいのか?特殊免許が必要です。そして特殊免許取得のためには勉強が必要です。ぜ勉強が必要なのか?という理屈が分かったから、はっとしたんですね。

佐藤氏はこの先生の言葉で、自分は行動する「目的」と「理由や理屈」が分からないとやる気が出ないということに気付き、それに気付いてからは何をするにも「目的」と「理由や理屈」を意識して将来についてちゃんと考えるようになったんです。

先生も自分の一言が佐藤氏にそんな風に理解され影響を与えるとは思わなかったかもしれませんね(笑)

独身男性タカシ
高校時代、僕も何のために勉強してるのか分からなくてモヤモヤしてたのを思い出しました。佐藤氏のように、特にそれを突き詰めて考えなかったのでただのサラリーマンになっちゃったのかな(汗)

大学時代はアルバイトに明け暮れる

そんな佐藤茂氏は駒澤大学経済学部に進学します。もともと、大学という4年間は長すぎるし、大学に行くより早く社会に出て働きたいという思いが強く進学しないつもりだったそうです。

そんな佐藤茂社長を変えたのが、父親でした。普段あまり口を出さない父親が「大学だけは行っておけ」と言ったのだそうです。

佐藤茂社長のお父さんは旧防衛庁に勤めていて結構なノンキャリアでは最高の出世をされたそうですが、大学中退というハンディがありキャリア組と同じ土俵に上がることができず、悔しい思いをされたそうです。

独身男性タカシ
息子には学歴がないというだけで自分のように余計な苦労はしてほしくない、という親心だったのでしょうね。普段余計なことを言わない父親からのアドバイスだからこそ心に響いたんでしょう!僕も子供が出来たら普段から口うるさく言わないように心がけます(笑)

そんな父親のアドバイスに耳を傾け、大学に進学はしましたが学歴というシールをもらうためだけに進学したので、学校にはほとんど行かずアルバイトに明け暮れていたそうです。

パートナースタッフ
早く働きたいという思いが在学中も強かったんですね、高校時代と違い、仕事を通して自分の成長を実感する充実した毎日を過ごしていたそうです。

大学3年生のときにはじめたアルバイトが、株式会社オプト(ネット広告代理店)でした。今でこそ大手企業のオプトですが、当時は会社が出来たばかりで社員2人とアルバイトの佐藤茂社長の3人だけだったそうです。

佐藤茂社長は大学を卒業すると、そのままオプトへ入社しました。会社の成長期だったのもあり、オプトは佐藤茂社長の在籍した5年半の間で売上高100万円から30億円に。

パートナースタッフ
創業期のオプトでは、やってみたいと思ったことを色々やらせてもらい、それがカタチになっていく喜びを味合わせてもらったそうですよ。

当時から独立したい!という気持ちが強かった佐藤氏は、次のステップに進むため、転職をします。

常務取締役まで上り詰めたのに転職!?

既に20年以上の歴史を持つ大手老舗結婚相談所のサンマリエでは主に広報(インターネットマーケティング)を担当し、会社の売り上げUPに貢献されました。転職して2年目には常務取締役を任されるまでに出世します。

しかし、佐藤氏はここで万々歳で終わりませんでした。婚活業界で働くうちに、先ほどお伝えしたように婚活業界全体の改革をしなければお客様を獲得できないと痛感した佐藤氏は、自分で理想の会社を作るべく再び転職します。

独身男性タカシ
すごい挑戦力ですね~!僕なら常務取締役なんてなったら絶対転職しないよ。手に入れた地位や安定した収入を手放したくないですからね~。

次の転職先のテイクアンドギヴ・ニーズは、一軒家を貸し切る新しい結婚式のスタイル「ハウスウェディング」で有名な会社です。入社してすぐに新事業(婚活)のため設立された子会社に出向、そこで出来た会社がパートナーエージェントでした。

そして2006年、ついにパートナーエージェントの代表取締役となりました。パートナーエージェントでは、常に結果を出すことにこだわり社長自ら日々業務の改善に取り組んでいます。

佐藤氏は今も「事業は何のためにあるか」を常に考え、社会貢献や顧客満足を追い求めながら、一組でも多くのカップルの恋のキューピットになるべく事業拡大を続けています。

パートナースタッフ
現在社長はもっともっと喜ばれるサービスを開発提供して業績をのばし、店舗を今の2倍に増やすことを計画されています。

佐藤茂氏の経歴から見る人物像

佐藤茂氏の半生をここまで振り返ってきて言えることは、佐藤氏は高校時代、先生の言葉によって気付かされた目的と理由や理屈」を常に意識して行動する論理的な人で、かつ自分がこうしたい!と思ったら安定を捨てても挑戦する情熱的な人ということです。

高校時代に少しぐれた(?)とはいえ、元々はとても優しく素直な佐藤氏、中学時代には彼女の言葉を、高校時代には先生の言葉を、大学入学時には父親の言葉を素直に受け入れてきました。聞く能力を持ち合わせていたというのも成功の秘訣だったのではないでしょうか。

独身男性タカシ
僕は意外と頑固なところがあるので、佐藤氏のように人の意見を素直に聞いて成功する人間になれるように努力します!

信念があるから、転職するし新しいことにも挑戦していくんですね。成功するためには、「自分はここは譲れない!このために働く」というような軸を持つ必要があるようです。

佐藤氏の場合は「顧客のため、従業員の幸せのため、社会が発展するための自分が事業を広げていく」というしっかりとした信念を持っていますよね。

従業員の笑顔がお客様の笑顔にもつながるという考えの佐藤氏は、従業員の福利厚生もびっくりするほど充実させています。詳しくはパートナーエージェントにはどんな求人がある?仕事内容を調査!を読んでみて下さいね。

独身男性タカシ
僕はそんな大きいことは言えないけれど、まずは結婚をして、結婚した相手を絶対幸せにするぞ!という信念はあります!そんな目先の小さいところからでも目標や信念を持つようにすれば、佐藤氏のように成功していけるのではないかと思いました。

佐藤氏は高校時代という比較的早い段階で「自分の働く目的を考えて行動する」ということに気付きました。僕は正直今、この記事を書いていてそのことに気が付きましたが、佐藤氏のことを知って遅くても気付けただけラッキーだと思っています。

独身男性タカシ
僕もまずは結婚して相手を幸せにするという信念を持って目標を達成するために、気ままで自由な1人暮らしという安定を捨てて婚活にチャレンジしていきたいと思います!

僕と同じように婚活をはじめたいと思っている方は是非、パートナーエージェントの口コミを徹底調査!口コミで見えた真実!の記事を読んでみて下さい。

まとめ

  • 佐藤茂氏はパートナーエージェントの代表取締役社長
  • 成婚率10%が常識の婚活業界で、驚異的な28.6%という成婚率を叩き出した敏腕社長
  • 佐藤茂氏の経歴から見る人物像

成婚率を3倍近く上げる、という業界の常識をくつがえすようなことを成し遂げた佐藤氏。常に目的と背景を考えそのために自分は何が出来るのかを意識し必ず結果を出し、安定を捨ててでも新しいことにチャレンジする行動派の情熱的な人でした。

こんなすごい人が社長のパートナーエージェント、今後も業界を驚かすようなすごいことをやってのけていくに違いありません。楽しみで目が離せないですね♪

恋愛偏差値が低いと思っている方は必見です。


昔は約7割がお見合いで結婚していました。言い換えれば、お見合いのおかげで結婚できる人が多かったんです。

その後、徐々に恋愛結婚が増えていき、お見合い結婚は約6%まで減りました。

今、恋愛結婚が主流の中、恋愛が苦手な方、積極的にいけない人など恋愛偏差値がそんなに高くないにとっては大変厳しい現状なんです。

でも、そんな方もきっかけやお見合いのチャンスがあれば、結婚できる可能性が一気に上がります。まずはきっかけ作りから始めることが大事です。そうすることで、結婚して幸せをつかむことができると思います。

そんなきっかけを無料ではなく、あえて有料で本気に婚活することが成功の近道だと言えます。

結婚を本気で考えている、そろそろ結婚を考えたいと思っている人は結婚相談所というスタイルもありです!むしろ恋愛よりも結婚を本気で考えている人たちが集まっています↓↓


結婚情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です