パートナーエージェントのオタクとは?世間のイメージとギャップ!

人付き合いが苦手
喋りもそんなに上手くない
本当は結婚に興味はあるが、今さら人には言えない
今の自分の生活に若干満足してる
振られるのがいやだから守りに入る
とりあえず今を現状維持

もしかしたら僕は結婚に向いてないかも。。

今までの僕はこんな感じでした。

でも、婚活EQ診断で自己分析し、自分の弱点や良いところを見つめ直したら人生変えることができました。


本当に結婚に向いてるかわからない方は話題の「婚活EQ診断」で自己分析してみよう♪ 婚活EQ診断
診断はたったの3分!しかも無料で気軽にできます。

婚活パーティーで、同じ趣味を持った人がいたらなんだか嬉しくなりませんか?僕は、おとなしい性格で話すのが苦手ですが、共通点があると安心して会話ができます。

漫画が好き、アニメガ好き、アイドルが好き、ゲームが好きなどの趣味で、深くハマっている人がいます。こういった人たちのことを「オタク」なんていいますよね。オタクに対して「それぞれの趣味なんだからいいじゃん!」と思う人もいれば、正直オタクにはマイナスのイメージを持っている人もいると思います。

だから、結婚を諦めている人婚活を始めようと思っているが受け入れられないんじゃないかと不安に思っている人の一歩を踏み出すお手伝いができればと思い書いています。オタクだから結婚できないなんて間違いですからね!それと、この記事を読んで少しでもオタクに対するイメージが変わればと思います!

パートナーエージェントでオタクでも結婚できる?

独身女性ナオ
なんだか、力が入ってるわね。何かあったの?
独身男性タカシ
実は僕の友達がアニメ、ゲーム好きの、まぁオタクなんだけど、お付き合いしてた人に趣味をカミングアウトしたらフラれちゃって…。友達はよくあることだからって言ってたけど、おかしな話だと思うんだ。
独身女性ナオ
そんなことがあったの…。おかしな話だと思うけど、私もオタクと結婚はなぁ…。

将来のことを考えると、結婚したいなぁ…。と思う人はたくさんいると思います。でも、趣味が原因で諦めたり、相手にされなかったり、敬遠されたり。そう思うと、人との出会いが怖くなりますよね。でも、100人中100人がみんな同じ考えか、と言われるとそうでもないですよね!100人の中にも、自分の趣味を理解してくれる人、共感してくれる人、同じ趣味の人はたくさんいます。

その入口にしやすいのが、パートナーエージェントだと僕は思います。その理由を簡単にまとめてみました!

入口にしやすい理由
  1. パートナーエージェントは、会員数が伸び続けている人気が高い結婚相談所
  2. 1年以内の成婚率は約65%と高く、入会から3ヶ月以内のお見合い実績は約99%
  3. 入会すると専属のコンシェルジュがついてくれるから、サポートが充実
  4. 出会い保証制度もある。

会員数が伸び続けているということは、それだけ入会する人も多いということ。出会いの場もたくさんありそうですよね。実績もしっかりあり、その点からコンシェルジュの実力もうかがえます出会い保証制度とは3月以内に出会いがなければ以降の3か月間の会費が20%減額になる保証です。ただ、この保証には細かい条件があるので、公式HPでしっかり確認してください。

専属のコンシェルジュがいるから安心!自信を持って婚活を

独身男性タカシ
絶対に結婚できるとは言いきれません。無責任なことは言えないので…(汗)でも、良い出会いのきっかけにはなると思います。ここでの経験も次に活かせると思いますよ!

とは言っても、何をどうすればいいかわからない。人と話すのが苦手異性と接するのが苦手。など、不安要素がたくさんあると思います。そんな状態で、婚活に挑んでもなかなかいい結果には結びつかないですよね。そこで、強い味方になってくれるのが専属のコンシェルジュです。

でも、コンシェルジュが何をしてくれるのか分らないですよね。ただ、合いそうな人を紹介するだけじゃ?と思ってしまいます。そこで、パートナースタッフさんに説明してもらいましょう♪

パートナースタッフ
では、簡単に説明させていただきますね♪コンシェルジュは、婚活がうまくいくように全力でサポートさせていただきます。サポート内容は以下の通りです。
サポート内容

【望む結婚がどんなものか、理想の相手像をみつける】

  • コンシェルジュには、200時間コーチング研修で身に着けたスキルを使ってあなたの理想像や結婚観を見つけます。
  • コミュニケーションの取り方、服装などのアドバイスをします。

【PDCAを使って、活動の精密度を上げる】

  • P:plan(計画)→D:do (実行)→C:check (評価) →A:act(見直し)を繰り返し、婚活の内容をいいものにしていきます。
  • 一連のサイクルの中に、あなたの気づいたことや気持ちの変化を取り込み精度をもっと上げていきます。

【交際中だけでなく、成婚(結婚を前提に二人で退会)するまでサポート】

  • 交際中も困ったことがあれば、いつでも相談可能です。一人で悩まないでください。
  • 相手のコンシェルジュと連携を取り、成婚までサポートします。
パートナースタッフ
以上が、大体の内容になっております。
独身女性ナオ
交際中もサポートしてくれるのは、誰だって心強いわよね♪
独身男性タカシ
これなら、友達もうまくいきそうだ!

オタクというだけで敬遠されがち。なぜ敬遠されるの?

独身男性タカシ
そういえば、さっき「オタクと結婚するのはなぁ…」って言ってたけどなんで?
独身女性ナオ
え!いや…気持ち悪いとか、そういう意味じゃないのよ?ただ、趣味の浪費が激しそうだし、私よりも趣味を優先しそうなんだもん…。

確かに、趣味に没頭しているのでこんなイメージがありますよね。僕の友達も、好きなゲームのシリーズが出ればすぐ買うし、気に入ったアニメができれば原作の漫画本を全巻大人買いしたりしています。でも、彼は彼女ができればその浪費を我慢していました。実際僕に「もし結婚して奥さんができたら、許してくれる範囲でやりくりするつもり」と言っていました。

自分の趣味であって、たとえ家族であっても強要するつもりもなければ、家族をおろそかにするつもりは全くないのです。では、なぜ敬遠されてしまうのか。それはオタクのイメージが邪魔をしているようなのです。そこで、オタクのイメージをまとめてみました。

「オタク」に対するイメージ

【オタクはみんな自分の趣味を強要してくる】

オタクの人は、交際相手にも自分の趣味を理解してほしくて強要してくるイメージがあるようです。「このキャラクターかわいいでしょ!」「そう?私(僕)はこっちがいい。」「なんで良さがやからないんだよ!」といった感じなんでしょうか…。

【清潔感がない。ファッションに無頓着】

アニメキャラのTシャツを着ていたり、ファッションに無頓着でいつも似たような恰好をしていたりする人もいます。たしかに、アニメキャラのTシャツで隣を歩くのはちょっと…。ってなりますよね。

【趣味が命!趣味以外に何もいらない】

趣味さえあれば、あとはほったらかし。自分から交際を申し込んでも、「アニメのイベントがあるから!」「アニメの放送があるから」とほったらかしにされそう。といった声が…。こんなイメージがあったら一緒に生活なんて無理ですよね。一生の伴侶なんてもってのほかです。

独身男性タカシ
確かにこのイメージだと敬遠されてしまうなぁ…。
パートナースタッフ
そうですね。このままだと結婚は難しいでしょう。でも、パートナーエージェントに入会される方は、本気で結婚を考えておられる方たちなので、服装については私たちがアドバイスをしていきますし、考え方についてもアドバイスをさせていただきます。もしかすると、厳しい指摘もするかもしれません。それは、趣味をやめましょうではなく、どこまで妥協・我慢ができるか相手にどこまで合わせられるかなど話し合って決めていきます。

誰だって趣味はあります。バイクが好きだろうが、車が好きだろうが、メイクが好きだろうが、セルフネイルが好きだろうが、結婚して趣味にばかり浪費されるのは困りますオタクの人は、どこまでパートナーとなる人や、子どもができれば家族の時間が取れるか、もしパートナーとなる人に「貯蓄をしよう!」といわれて我慢ができるか、一度自分で考えてコンシェルジュに自分の考えを伝えて話していくのもいいかもしれません。

また、パートナーとなる人は理解して納得できる方法を見つけたり趣味の時間を作ってあげたりまには趣味に使うを金を増やしてあげるなど考えてあげるのはどうでしょうか?それに、ファッションに無頓着なら、自分好みの格好にできたりするかも?(笑)

オタクだから…は関係ない!コンシェルジュと一緒にパートナーを見つけよう

独身女性ナオ
よく考えたら、オタク全員がこんな人だとは限らないもんね。そういえば、私の結婚した友達の旦那さんがゲームオタクだわ。好きなゲームは、プレイするだけではなく音楽まで好きなんだって。わざわざ調べて、ケータイにダウンロードしてるそうよ。
独身男性タカシ
おぉ。それは、なかなかのハマり具合だね。僕の友達もそうだよ。だからって、ファッションに無頓着でもないし、しっかりとした収入もある、貯金もしっかりしているよ。お金の管理なら僕よりも上手かもしれない。

そうですよね。まったくいないとは言えませんが、全員が全員イメージのようなオタクばかりではありません。それに、オタクとは「趣味に深く没頭している人」なのですから、バイク、車、最近流行りのキャンプなんかも「オタク」の部類に入るのではないでしょうか?

それを、趣味の内容で区別するのはおかしいですよね。あくまで、趣味です。オタクの人はそこを理解して、そうじゃない人は勝手なイメージは置いといて、一度接してみるのもいいと思います。

パートナーエージェントはサポートがしっかりしています。家族のように察してくれる人もいます。そんな人たちに、アドバイスをもらいながら少しずつ考え方を変えていきませんか?

パートナースタッフ
そうですよ!そのために、私たちコンシェルジュがいます。何度も言いますが、厳しいことも言います。ですが、それは趣味をやめろというわけではありません。相手が自分を理解しよう、受け入れようとしているのだから、ご自身も相手を受け入れる器が必要です。それを知っていただくためにも、いろんな面からサポートさせていただきます

まとめ

  1. パートナーエージェントを婚活の入口にして、たくさんの出会いのきっかけを作ってみよう!
  2. たくさんの不安があっても、専属のコンシェルジュがいるからサポートが充実思い切って一歩を踏み出そう☆
  3. オタクのイメージを理解して、自分はそんなオタクじゃないアピールをしよう!自分なりに、趣味と家族との付き合い方をしっかり考えよう。オタクじゃない人もイメージは置いといて、一度話を聞いてみて!
  4. オタクだから…はだめですよ!諦めない気持ちが大事です!オタクの人は、妥協と相手を理解する気持ちが大事。そうじゃない人も、趣味を理解しようとする気持ちが大事です。

婚活をきっかけに、同じ趣味の人に出会えたら最高ですね!でも、どうしても自分の趣味を深く理解してほしいと思う人は、オタク専用の婚活サイトやオタクだけの婚活パーティーなどもたくさんあります。そちらを利用してみるのもいいかもしれません。

もし、パートナーの人が理解してくれて、なおかつ自分と同じように趣味を楽しんでくれるようになったら最高の幸せですね!

恋愛偏差値が低いと思っている方は必見です。


昔は約7割がお見合いで結婚していました。言い換えれば、お見合いのおかげで結婚できる人が多かったんです。

その後、徐々に恋愛結婚が増えていき、お見合い結婚は約6%まで減りました。

今、恋愛結婚が主流の中、恋愛が苦手な方、積極的にいけない人など恋愛偏差値がそんなに高くないにとっては大変厳しい現状なんです。

でも、そんな方もきっかけやお見合いのチャンスがあれば、結婚できる可能性が一気に上がります。まずはきっかけ作りから始めることが大事です。そうすることで、結婚して幸せをつかむことができると思います。

そんなきっかけを無料ではなく、あえて有料で本気に婚活することが成功の近道だと言えます。

結婚を本気で考えている、そろそろ結婚を考えたいと思っている人は結婚相談所というスタイルもありです!むしろ恋愛よりも結婚を本気で考えている人たちが集まっています↓↓


結婚情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です