パートナーエージェントの年末年始!!婚活中はどこで過ごす?

人付き合いが苦手
喋りもそんなに上手くない
本当は結婚に興味はあるが、今さら人には言えない
今の自分の生活に若干満足してる
振られるのがいやだから守りに入る
とりあえず今を現状維持

もしかしたら僕は結婚に向いてないかも。。

今までの僕はこんな感じでした。

でも、婚活EQ診断で自己分析し、自分の弱点や良いところを見つめ直したら人生変えることができました。


本当に結婚に向いてるかわからない方は話題の「婚活EQ診断」で自己分析してみよう♪ 婚活EQ診断
診断はたったの3分!しかも無料で気軽にできます。

みなさんは、年末年始の予定は立ちましたか?もう正月かと思うと、なんだか気が重いと感じるのは僕だけではないですよね。大掃除なんて大げさな事まではしたくないけど、日頃のドタバタを片づけて、すっきりした部屋で正月を迎えたいものです。さて、今年はどこで過ごそうかなぁ。

どこで過ごす、婚活中の年末年始

1人でゆっくり過ごすのもいいですか、せっかくの長い休みだから友達と出かけたい気がしますよね。でも、どこへ行っても混むので、休養のつもりが、逆に疲れそうです。その肝心の友達も、だんだん遊びに付き合ってくれなくなり、自分1人が取り残された気分にもなりますよ。

皆さんの年末年始はどこで過ごしているのでしょうか?やはり普段顔を合わせていない実家へ帰省が多いのか、ちょっと調べてみました。

引用先:パートナーエージェント【公式】

パートナーエージェントがアンケートを取っていました。このグラフを見てわかるのは、年代にかかわらず、帰省せずに自宅で1人で過ごす方が若干多いだけで、実家に帰省してる方もその次に多かったです。

仕事はやむを得ないとして、家族に縛りの薄い未婚者こそ、自由に遊びに行ってるかと思ったのですが、期待外れてびっくりですよ。

独身男性タカシ
実家への帰省がやっぱり多いのは、帰省を期待している親への義務感もあるだろうなぁ。

年末年始:1人自宅でゆっくり

僕だって一生懸命仕事を頑張ったし、年末年始くらい静かに自分を振り返ったり、ごろごろ休んだりしたいですよ。今年の年末年始は1人で過ごすぞ~と決めたら、どんな風に過ごしますか?

自宅で何して過ごす
  • 同僚や友達と家飲みパーティー。
  • 遊びに行くと混雑に合うので、ぐうたらする。
  • 溜まりに溜めた録画の視聴。漫画本、小説など、一気に”大人読み”にふける。
  • テレビは大晦日を感じないように”ガキ使”を見る

他にも、正月感出さないで、あえて普通のご飯を食べるという意見もありました。今じゃ、コンビニや大手スーパーだっていつでも空いてるので、不自由しないですからね。

もしかしたら、一人で過ごす最後の年末年始かもしれないから、十分味わうのもあるでしょう。孤独感ばかり、感じている場合じゃぁ無いですよ。

実家に帰省を選ばなかった理由
  • 実家が田舎なので、年末年始の帰省ラッシュが大変。
  • 年末年始といえ、思ったほど仕事が長く休みが取れないこと。
  • 実家には、兄弟夫婦が守っているので、自分が行くと気を遣う。
  • 「結婚まだか」攻撃を避けるため。
  • 親と仲が悪い。 など

それでも1人暮らしをしていると、実家の事は気になります。

年末年始:実家に帰省

そもそも、年末年始はみんなこぞって大移動することに、無理がありますよね。【帰省ラッシュ】ぞっとします。やっとの思いで新幹線に乗れたと思ったら、1人で自由席ではトイレにも行けない。トイレから帰ってきて、さっきの席に誰かが座っていても、「そこ僕の席でした…」なんて、言えるはずないですよね。

車で帰省するにしても、大渋滞に巻き込まれる。事故なんか起こしては本末転倒。「普段運転しない奴、運転なんかするな~」なんて声も聞こえてきます。悪いけど実家で待ってるだけの人達にも、この帰省ラッシュの本当の大変さを分かって欲しい☆

実家で両親の世話をしてくれている兄弟のお嫁さんだって、自分が行くことで用事が増えて、迷惑になる事だってあるでしょう。言い訳に聞こえるだろうけど、ここは出来るだけの気を遣いましょう。

年末年始ならではの、襲いかかるプレッシャー

未婚である場合、帰省すると間違いなく「結婚はまだか」攻撃にあうのは、どこも一緒らしいです(笑)。どうやら親の立場から言えば、「うちの子は結婚する気がないのでは?」とか、中には「まさか、異性に興味がないのでは?」と、本気で不安になっている親もいるらしいですよ。

親せき一同が集まる場所では、もっと大変な様子になります。両親だけでなく叔母や叔父につかまり、「誰々さんトコの誰々ちゃん、きれいになったわよ~」なんて、お節介攻撃を浴びるのも目に見えます。

もう1つ、実家にいると現実を突き付けるがごとく、いや~な奴も届きます。そいつの名は”年賀状”。昔、仲良かった同級生の結婚や子どもの出産報告を兼ねてるやつです。中には「え―子供、こんなに大きくなった!」の写真付きもあったりすると、ちょっと焦りを感じますね。

引用先:パートナーエージェント【公式】

独身男性タカシ
突然「お前、誰だよ」というような、見覚えない”結婚報告”?学校の卒業名簿見て、片っ端から送るのだけは、やめてくれ~。

もともと人に言われなくても結婚する気があるのですから、実家に行くと結婚したい願望は、ますます膨らみます。皆さんもいろいろ感じているようですね☆

年末年始の帰省中、結婚したいなぁと思った瞬間
  • 家族・親戚からプレシャーをかけられた
  • 親の高齢を感じた
  • 同級生や憧れのマドンナの結婚を知った
  • 兄弟がみんな結婚して、家族がいる
  • お見合いを勧められた

両親には婚活中と宣言する

両親も心配しているのはわかるし、こっちだって手をこまねいているばかりじゃない。納得してくれるとは思えないが、ここは気持ちと状況を伝えて、両親への説明を真剣にしておきましょう

親からの「結婚しろ攻撃」をかわす作戦
  • 婚活中で、パートナーになりそうな人と、お付き合い中である説明。
  • 「ちゃんと結婚する気がある」「なかなかいい相手がいないから探している」と説明。
  • 仕事が忙しい説明と、婚活も同時進行してると説明。
独身男性タカシ
それでもダメなら「変なので良ければ連れてくるよ」と脅すってのは(笑)

地元での、見合いや出会いは慎重に

やっとの思いで「ようやく着いた~ゆっくりするぞ~♪」と腰を下ろすが早いか、帰省を見込んで両親が持ってくるお見合い写真に苦笑いです。気持ちはわかるし、ホントいい人と結婚したいのは、こっちも同じってわかってよ。

「ちょっと待ってよ、お母さん…♪」地元でいい人と出会ってしまえば、大変な苦労と面倒の始まりかもしれないんですよ。お相手は、付き合うとしたら、遠距離恋愛だと承知なんでしょうか?僕は仕事を投げ出して、地元には帰らないですよ。

結婚を機に地元に帰って欲しいと思う、親の願いまで込められているようで、とっても重たい気分ですが、「仕事をほっといて帰るなんて、中途半端なことをするように、育ててもらった覚えない」と、そこは声高らかに言いましょう。

遠距離恋愛の覚悟
  • お相手に自分のスタンスを最初から言って承知してもらう。
  • こまめに連絡を取り合う。
  • なるべく直接会いに行く。
  • 交際期間を濃く短くし、早めに結婚にこぎつける。

 

遠距離恋愛が長くなれば、物理的にしんどくなり、気持ちがどこまで続くかわからないです。しかも、すぐそばにいないということは、後からライバルが現れていても気づかず、気づいた時には「ごめんね、さようなら…」なんて事があっても誰も責められません。

ホントに遠距離恋愛になるなら、ちゃんと計画を立てましょう。今だったら、LINEを使ったりSkypeなんかで、顔を見ながらの会話も出来て、十分コミュニケーションをとれる手段はありますね。

地元で出会いのチャンス
  • 初詣で、ばったり同級生に合う
  • 新年会という名前の同窓会
  • 友人の家で、かつては気にしていなかった兄弟姉妹
  • 田舎こそある、地元婚活パーティー

まとめ

  • 年末年始は、1人で過ごすのも悪くない
  • 年末年始に実家に帰省すると「結婚しろ攻撃」などプレッシャーには覚悟
  • 実家に行くなら、両親に婚活中と宣言する
  • 親が見合いを勧めたり、偶然の出会いも可能性はあるが、先にデメリットを確認しておく

年末年始は家族で過ごす。そんな当たり前な幸せを手にいれるためにも、今、進めている婚活を、早く決めたくなりました。いろんなハードルはありますが、このままパートナーエージェントの力を借りて、両親にも堂々と紹介できるパートナーを見つけたいものです。

そんなことを言っている間に、パートナーエージェントから紹介メールが届きました。せっかくの紹介なので、ぜひお会いしたいです。メールに回答するには、パートナーエージェントのコンタクト回答期限っていつまで?!の記事に詳細を書きましたので、どうぞご覧下さい

いつか会える理想のパートナーを迎える日まで、年末年始のおめでたい雰囲気を壊さないように、実家でも自宅でも、楽しく過ごしましょう。

 

恋愛偏差値が低いと思っている方は必見です。


昔は約7割がお見合いで結婚していました。言い換えれば、お見合いのおかげで結婚できる人が多かったんです。

その後、徐々に恋愛結婚が増えていき、お見合い結婚は約6%まで減りました。

今、恋愛結婚が主流の中、恋愛が苦手な方、積極的にいけない人など恋愛偏差値がそんなに高くないにとっては大変厳しい現状なんです。

でも、そんな方もきっかけやお見合いのチャンスがあれば、結婚できる可能性が一気に上がります。まずはきっかけ作りから始めることが大事です。そうすることで、結婚して幸せをつかむことができると思います。

そんなきっかけを無料ではなく、あえて有料で本気に婚活することが成功の近道だと言えます。

結婚を本気で考えている、そろそろ結婚を考えたいと思っている人は結婚相談所というスタイルもありです!むしろ恋愛よりも結婚を本気で考えている人たちが集まっています↓↓


結婚情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です