パートナーエージェントの面接を分析!!攻略方法を教えます!!

人付き合いが苦手
喋りもそんなに上手くない
本当は結婚に興味はあるが、今さら人には言えない
今の自分の生活に若干満足してる
振られるのがいやだから守りに入る
とりあえず今を現状維持

もしかしたら僕は結婚に向いてないかも。。

今までの僕はこんな感じでした。

でも、婚活EQ診断で自己分析し、自分の弱点や良いところを見つめ直したら人生変えることができました。


本当に結婚に向いてるかわからない方は話題の「婚活EQ診断」で自己分析してみよう♪ 婚活EQ診断
診断はたったの3分!しかも無料で気軽にできます。

婚活は順調に進むときもあれば、残念な結果が続くときもあります。嫌なことが続くと、やる気も自信もなくなりますよね。そんな時に、的確なアドバイスで気持ちを奮い立たせてくれるのが、パートナーエージェントのコンシェルジュさんたちです!

陰ながら人の幸せのために働くのって素晴らしいですよね!そんな仕事に憧れを持っている方、やりがいがある仕事だから転職を考えている方、きっとおられると思います。そんな人たちに待ち構えるのが就活ですよね。就活の山場といえば面接。面接を制する者は、就活を制する!(笑)

採用・内定をもらうための一歩に、面接のポイントを押さえておくのはとても大事です。そこで、パートナーエージェントでは、どんな面接内容なのか、どんな質問をされるのかなど、調べられるだけ調べてみました☆この記事を読んで、憧れの仕事に就きましょう♪

パートナーエージェントの面接は○○を見られている!?

受ける職業によって、面接の持つ意味って変わってきますよね。例えば、接客の仕事なら人と接するのが苦手な人はちょっと…となるように、パートナーエージェントの就職面接も何かを見られています。その何かというのが、人柄です。

独身男性タカシ
人柄かぁ…納得いくなぁ。婚活って、とてもデリケートな内容だからね。僕も婚活を始める前は、結婚に焦っているようで恥ずかしいと思っていたし、それを乗り越えて入会したら、今度は自分の理想の人を話したり結婚観とか、いわば恋バナみたいなことを話するのも抵抗があるなぁ。

僕のように恋愛に奥手の人は、恋バナとかそういった話をするのも恥ずかしくて上手く話せなくなったりしてしまいます(汗)きっと、他にも異性と触れ合うのが苦手とか、男性なら女性をリードできないとかこういった話はしたくないものです…。そこを親身になって聞いてくれたり、「かっこ悪いことではない」と穏やかな雰囲気で聞いてくれる人がいいですよね。

面接の口コミを参考にして対策を!

人柄を見られていると分かっても、どんな質問が来るのかわかりませんよね。質問に対して答えになっていなければ意味がありません。

そこで、実際に面接を受けた人のクチコミを見つけたので紹介します!実際に受けた方の意見なので、説得力は半端ないです(笑)接の雰囲気はどんな感じなのか、何を調べてから望むべきなのかを、絞って調べれるので参考にしてみてください。面接は細かい情報も大事ですよ!

口コミ1「未来の自分は?と聞かれた」

【面接官にされた印象的な質問(面接官:管理部門)】

働く上で、5年後、10年後どういう風になっていたいですか?

【面接官への回答】

「お客様に満足頂けるようなコンシェルジュを目指したい。」と、あまり説得力のない返答をしてしまいました。

【応募理由、応募準備、面接プロセスやアドバイスなど】婚活業界に興味を持ち、応募させて頂きました。

会社についてHPを見、印象に残った言葉などを覚えておくといいです。(これも聞かれました。)結果については翌日だったので、とても迅速な対応で助かりました。

正直、何年後のことを聞かれてもこまりますよね。イメージできないし、分かんないよ(汗)となります。企業側がこの質問をするのには2つの意図があるんです。

  • 具体的に企業のことや職務内容を理解しているか
  • 近い将来のビジョンを持っているか

なぜこの2つを聞きたいかというと、企業のことをしっかり理解しているか自分の考えを持ち、それに向けて積極的に仕事に取り組めるか、その素質がある人なのかを見極めたいからなんです。

この質問の答えを簡単に見つける方法は、その企業の社員インタビューや会社見学で目標にしたい人を見つけ、モデルにすることです。そのモデルの人がどのようにスキルアップしていったのかを参考にします。

独身男性タカシ
でも、このモデルを探すのって大変だよね。今は、OG・OB訪問で受けたい企業に就職した先輩に話を聞くことができるみたいだけど、先輩がいない場合や途中採用の人は困るよね(汗)

なのでこの質問に対して、どんな回答が好印象だったか調べてみました。

好印象な回答
  • 正直に「今はまだわかりません。ですが、入社後にたくさんの仕事をこなしその中から見つけていきたいです。」と答える。これも、周りの就活生と異なった答えになる。
  • 「御社とともに成長したい」と答える。この仕事を一生の仕事にしたい=この企業に定年まで勤めたい気持ちをアピールできる。
  • 今の自分と絡めて、入社後の変わった自分を答える。この仕事で、自分を変え成長していきたい意欲をアピールできる。
回答例
  • 正直、まだ10年後の未来は見えません。ですが、多くのお客様と接して経験を積んでいき多くの仕事をこなしながら、その中でやりがいを感じる仕事や、自分に合う仕事を見つけスキルアップしていきたいと思います。
  • 御社とともに成長していき、ゆくゆくは人材育成のできる社員になり御社を支えられる人材になりたいと思います。
  • 今の自分は、人と接することがとても好きです。ですが、人に教えたりすることが苦手です。御社は自分の得意とする部分を発揮できる会社であり、苦手とする部分を克服することができる会社だと思いました。今の自分を変え、御社で一番のスタッフとなり最終的には、自分の培った経験と技術を使って一人でも多くの有能な人材育成できるようなりたいと思っています。
参考になる回答を真似して答えてみるのはどうですか?パートナーエージェントバージョンの回答例も考えてみたので参考になれば幸いです☆

クチコミ2「感動体験について聞かれた」

【面接官にされた印象的な質問(面接官:役員、管理部門)】

今までに感動した体験など

【面接官への回答】

人柄を見るような感じでした。
普通のSPI性格テストの他に、ネガティブ度チェックがあって、ネガ度が高い人はたぶん入社できません。

【応募理由、応募準備、面接プロセスやアドバイスなど】

最低限の常識があって、接客応対ができる程度の明るさがあれば良いのではないかと思います。
面接は2回で、1回目が人事部、2回目が役職の方です。
入社後に同僚に聞いたら、そうではない場合もあったようですが・・・。

この質問も、就職面接ではよくされますよね。この質問に対する企業側の3つの意図があります。

  • 人柄
  • 対応力と人に伝える能力
  • 仕事の価値観

感動体験は、自分の中のエピソードを分かりやすく短く伝えないといけません。自分の言葉で伝えないといけないので回答の型にはめるのが難しいんです。

なので、『短く分かりやすく』なおかつ『伝えたい内容がずれない』ように話す人に伝える能力と、それを短時間でまとめ落ち着いて答えられる対応力を見ることができるんです。

また、感動体験はその人の価値観や感受性を見ることもできます。

何に感動を覚えるかによって、物事をどのように捉えているのかが分かるので、仕事すの何を大事にしてるのか、何を求めるのかが分かり言い換えれば、仕事の取り組む姿勢に繋がってくるんです。

型にはめにくく難しい質問でも、調べると押さえておくといいポイントがありました!

些細なことでもいいから、心が動いたことを見つける

上手にアピールができればいいので、小さなことでもOKなんです。思いつきやすい、使いやすい題材として3つあります。

  • 読書・映画鑑賞
  • ボランティア活動
  • アルバイト

もちろんこれ以外からでも大丈夫です。だだ、嘘はだめですよ!面接は正直に答えないといけません。面接官に絶対バレます。

経験から何を得て、どう成長したかを伝える

感動しただけで終わったらだめです。感動から何を得て、自分がどう成長したかを伝えると印象アップです!

  • どんな小さのことでもOK
  • 成長しただけではなく、『何を学んで』『どう成長したか』を伝える。
回答例

ボランティア活動で福祉施設に子供たちと遊ぶために数人で行きました。子供好きということもあり、施設の方が2歳くらいのまだ小さな子供たちの教室を見学させてくれました。そこで、お迎えに来たお母さんがおられ、少しお話をすることができた時のことです。

お迎えのお子さんは、のどに穴をあけてそこから呼吸をする気管切開と、おなかにボタンのようなものを付けてそこからご飯を食べる胃ろうをしている子でした。なので、私は何気なく「介護をしないといけないのは大変ですね。」と言ってしまいました。

言ってしまった後で、失礼なことをしたと謝罪をしましたが、お母さんは笑顔で私を気遣いながら「大丈夫!気にしないで。よく言われるんです。けど、1つ言うなら私は介護していませんよ?子育てをしているんです。謝ってくれてありがとう。だいたいの人はその言葉が失礼な言葉とは思ってないみたいなんです。だから、嬉しかったよ。」と言ってくれました。

私は、この時お母さんの心の大きさと、自分が偏見を持って接していたと気づかされました。1人1人、当たり前だと思っていること幸せだと感じることは違うんだと学びました。

なので、人と話をするときは「~ですね。」と決めつけるような言葉はなるべく使わないようにし、「~ではないですか?」と気遣う言葉を選ぶようにしています。また、些細なことでも感謝の言葉を伝えるようにしています。

この感動体験は、共感が持てる内容だととても効果的です!そして、質問されるかわからなくても準備はしておきましょう。その場でパッと答えるのは難しい質問なので(汗)

クチコミ3「志望動機について聞かれた」

【面接官にされた印象的な質問(面接官:管理部門】

なぜ弊社を選んだのか?

【面接官への回答】

業界の中でも会員のサポートに力をいれていて、遣り甲斐を感じられそうだったので志望しました。
また、長く活躍できる環境も整えられていそうだと感じました。

【応募理由、応募準備、面接プロセスやアドバイスなど】

はじめは団体面接で、自分の経歴を簡単に説明します。
自分の長所や短所の説明もしました。
これまでに苦しい経験をした時にどんな対処をしたかなども聞かれました。
団体面接では、指定された時間内に上手く話をまとめられるかをみられていると思います。
終始雰囲気は穏やかでした。

もう面接の鉄板中の鉄板ですよね(笑)だいたい、想像はつくと思いますが企業が志望動機を聞くのには大きく2つの理由からなんです。

  • 仕事への熱意がどれほどあるのか知りたい
  • やりたい仕事が会社と一致するか知りたい

仕事への意欲があり、企業への熱意がある人は、入った後もモチベーション高く仕事に取り組み、活躍してくれる可能性が高いのです。

ですが、いくら熱意があっても、会社の方向性と真逆を向いていたら意味がありません。ミスマッチが起きてしまい結局退社になってしいます。企業にとっては当然避けたいことです。

鉄板の質問なので、準備ができている方もいると思いますが、大事なポイントがずれた回答になってないか確認してみませんか?

ポイントがずれていて、的外れなことや期待外れなことを言ってしまうと、他が良くても全部台無しになってしまいます。鉄板ネタだからこそ確実に決めないといけません。

志望動機3つのポイント

【この会社で取り組みたいことを伝える(ビジョン)】

  • 「この会社に入社してこんなことにチャレンジしたい」と入社後のビジョンがはっきりしていると、自分だけの回答になるので他の就活生と異なったものとなります。他と違うことは面接官の印象に残りやすくなる!

【なぜこの会社で取り組みたいのかを明確に(根拠)】

  • 志望動機の回答で一番のキーポイントになる「根拠」の部分になります。ビジョンがはっきりしていても、根拠を明確にしないと「なら別同じような職種の別の会社でもいいのでは?」と思われてしまいます。なので、ここをしっかり伝え強く志望しているとアピールしましょう☆
  • ビジョンと絡めたり、会社の強みや特徴と合わせてまとめると効果的でより好印象になります!

【会社に入った後の具体的なビジョンは?(会社のとの一致)】

  • ここに関しては、クチコミ1と同じ意味合いになります。未来に視点を移し、自分がどのように活躍してどんな人材になりたいかを語ることによっって積極性をアピールできます。
  • ここで、「○○部署でこんな仕事をしたい」と、具体的に伝えられれば、自分のやりたい仕事が会社と一致しているとアピールができます!

引用:転職・就職に役立つ情報サイトキャリコネ

もちろんのことですが、面接の基本はしっかりと押さえておくべきですね。集団面接で、雰囲気が穏やかなのは嬉しいクチコミですね!少し安心して望めます☆僕が就職面接を受けるときは、圧迫面接ばかりで怖かったのを覚えています。面接の日は胃がキリキリ痛かったなぁ…(泣)

パートナースタッフ
このクチコミを見ると、確かに私の時もあったなぁと思い出します。人間性を確かめられているというか…。そんな感じでしたね。

ちなみに、新卒情報や採用情報も紹介しているので参考にしてみてください!

パートナーエージェントで働くための採用情報を徹底調査!!

パートナーエージェントの新卒採用条件とは?気になる給料も調査

ここでは職種についても紹介しているので、具体的なアピールをするための題材があると思います!

男性スタッフも活躍中!

パートナーエージェントのスタッフさんって女性の方が多いイメージないですか?調べてみると男性3:女性7の割合だそうです。この数字を見ると女性の仕事って感じですね。でも、そんな中で男性も活躍しているんです。

独身男性タカシ
僕はこのことを知って少し、ホッとしたんだよね(汗)
独身女性ナオ
どうして?こういう結婚とか恋愛とか女性の方が強いから、頼もしいんじゃない?あ、もちろん男性スタッフがダメってわけじゃないわよ?
独身男性タカシ
わかってるよ(笑)だって、いくら会員に男性がいるとはいえ、支えくれる人たちに男性がいないのは不安になるよ。男性目線がないのかなって思ってしまうからね。

女性が多い中に、男性の自分が飛び込むのは勇気がいりますよね。もちろん、女性が男性ばかりの中に飛び込むのもそうでと思います。ですが、スタッフさんに男性がいると思うとその気まずさも薄くなると思いませんか?

調べていると、パートナーエージェントの公式HPに男性職員のインタビューが載っていたので紹介します。

坪井 Tuboi さん 関西エリア | 婚活支援サービス 営業

【婚活支援サービス 営業のお仕事】

  • 新聞や雑誌広告、インターネットなどを通して、当社サービスを知られたお客様にアプローチをとっていきます。
    電話やメールでのお問い合わせや、直接店舗に来られたお客様に、「私たちのサービスが他とはどう違うのか」「今後どういったコースを利用されるのが成婚への近道か」をご紹介。

【仕事のやりがい・一番嬉しいことはなんですか?】

  • この仕事のやりがい。それは【幸せなお顔を、直接見られるということ。】 パートナーエージェントは、人と人とを結びつけるお仕事です。
    当然、結婚という人生最大のイベントのお手伝いをしているので、 会員様も真剣です。こちらが生半可な気持ちでは、会員様の心は開かれません。それだけ真剣にお付き合いをさせていただいているからこそ、会員さまがご成婚していただく時の喜びは、計り知れないものがあります。そんな感動を味わえる仕事がパートナーエージェントであり、自分の人生を賭けてみようと本気で思える会社です。

【パートナーエージェントへの入社のきっかけは?】

  • 大学を卒業後、人と話すのが好きで、「人と関わる仕事がしたい」と、営業の仕事をしてきました。パートナーエージェントに入社する時も、「人と関わる仕事をしたい」と思っていました。
    以前より、この結婚情報サービス業界には興味がありましたが、女性の世界だと思い敬遠していました。しかしながら、あるきっかけでパートナーエージェントの面接を受けた時、男性がとても活躍しているのを聞き、入社を決断いたしました。今もその方を尊敬していますし、目標でもあります。

【将来の目標は?】

  • 入社当時は、とにかくがむしゃらに、一組でも多くのカップルを誕生させられるきっかけをつくることに尽力していましたので、目標はそれだけでした。今も、根本の目標は変わりませんが、自己ビジョンとしては、店舗を任せていただけるような人材になることです。
    現在も店舗展開はしておりますが、全国の方がパートナーエージェントをご利用でき、 全国各地でご成婚退会者を出せる環境をつくりたいです。そんな会社の一員でいたいと思っています。もちろん働く社員も含め、パートナーエージェントに関わる全ての人の笑顔が溢れる会社になればと思っています。

【これから入社してくる人に一言】

  • 上記で色々コメントをいたしましたが、あくまでも個人的な意見です。パートナーエージェントの環境が【合う人】もいれば、【合わない人】もいると思います。 ただ、これだけは言えます。設立して若い会社ですので、自分の意見が通りやすい風通しの良い環境です。自分でこの会社を創っていっていると思える会社です。
    もちろんこれから入社していただく方たちも同じような気持ちを持つのではと思っています。【自分はこうしたい】と意志を持ちながら、会員様のために【何ができるのか】を考え、その答えがご成婚に 繋がる。そういった仕事を皆様と一緒にできる日を、楽しみにしております。

引用:パートナーエージェント公式HP

今回調べていると、この【婚活支援サービス 営業】の職種に男性が多いなと僕は思いました。この職種の人たちは、パートナーエージェントの案内役のような人たちです。一番初めに触れ合うスタッフさんといいても過言ではないと思います。

独身男性タカシ
一番初めに触れ合うスタッフさんが男性だと、とても安心するなぁ。やっぱり、一番初めはドキドキだからね。しかも、僕のように奥手な性格の人はいきなり女性の人と話すのはハードルが高いからね(汗)

そこに男性スタッフが増えると恋愛に奥手な人も、もっと行きやすくなりそうですよね♪僕は婚活コンシェルジュの方も増えてくれると嬉しいな(笑)

まとめ

  • 就職面接では、人柄を見られている可能性が高い。
  • クチコミを参考に面接対策。面接の基本はもちろん、パートナーエージェントのどの職種に就きたいか、その職種についたら何をしたいかなど、具体的な答えを用意するといいかも!
  • 自分はポジティブ思考だとアピールを忘れずに!ネガティブな印象になるような答えの後にはフォローを入れると好印象になる☆
  • 女性の仕事のイメージがあるパートナーエージェントですが、男性スタッフも活躍している。

パートナーエージェントの仕事は、人の幸せを支えるお仕事です。こんな素晴らしい仕事をしたいと思い、面接に挑んだのだからぜひとも受かってほしいです!

パートナーエージェントのお仕事には、当然男性も女性もどちらも活躍できる場所があります。男性でイメージだけで興味はあるけど、一歩が踏み出せない方は思い切って受けてみてください。

そして、もし僕が入会したらサポートをよろしくお願いします(笑)

恋愛偏差値が低いと思っている方は必見です。


昔は約7割がお見合いで結婚していました。言い換えれば、お見合いのおかげで結婚できる人が多かったんです。

その後、徐々に恋愛結婚が増えていき、お見合い結婚は約6%まで減りました。

今、恋愛結婚が主流の中、恋愛が苦手な方、積極的にいけない人など恋愛偏差値がそんなに高くないにとっては大変厳しい現状なんです。

でも、そんな方もきっかけやお見合いのチャンスがあれば、結婚できる可能性が一気に上がります。まずはきっかけ作りから始めることが大事です。そうすることで、結婚して幸せをつかむことができると思います。

そんなきっかけを無料ではなく、あえて有料で本気に婚活することが成功の近道だと言えます。

結婚を本気で考えている、そろそろ結婚を考えたいと思っている人は結婚相談所というスタイルもありです!むしろ恋愛よりも結婚を本気で考えている人たちが集まっています↓↓


結婚情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です