パートナーエージェントのメールで失敗しない方法と注意点!!

日本では3組に1組のカップルが離婚しているそうです。すごい離婚率ですよね。

結婚には恋愛結婚とお見合い結婚がありますが、それぞれの離婚率は、

恋愛結婚 40%

お見合い結婚 10%

となっているそうです。なせこんなに差があるかと言うと、2つの結婚のゴールの違いにあります。

恋愛の最初のゴールは付き合う事で、その後に結婚となります。一方、お見合いの最初のゴールは結婚する事で、次に幸せになる事なんです。

2つの結婚方法は将来を見つめる先が明らかに違うので、離婚率の差が出て当然なんですよね。

恋愛結婚が悪いといってる訳ではなく、本当に結婚してから幸せになりたいと思う気持ちが強い人こそ、お見合い結婚をおすすめします。

結婚相談所の紹介だとあった事もない相手が紹介されますよね?友達の紹介ならともかく、知らない異性との初対面って緊張しませんか?パートナーエージェントではお互いの理想に合った方をマッチングしてくれ、その後メールのやり取りができるシステムを取っています。

綺麗な女性の前だと緊張してしまう僕もメールに関しては自信があるんです!理想の女性探しにパートナーエージェントで探したいと友達と話していたら、同じ独身仲間のナオさんがパートナーエージェントのメールでのやり取りをなぜか詳しく(笑)僕に教えてくれたので紹介しますね。

パートナーエージェントのメール機能でお互いを知ってもらう

パートナーエージェントでは、入会すると婚活のスペシャリスト(コンシェルジュ)が年収、趣味、理想の結婚像を会員の中から照らし合わせて、この人がいい!という方を紹介してくれます。

その後、お互いに同意が得られれば、コンシェルジュから相手の連絡先とメールアドレスの情報を教えてくれます。

独身男性タカシ
相手も好意を持ってくれているなら次のデートのお誘いをしてもいいよね?
独身女性ナオ
ちょっと待って!そうあせらずにパートナーエージェントのスタッフさんに聞いてみようよ!
パートナースタッフ
パートナーエージェントでは交際成立後にお相手様のメールアドレスをお教えできます。当然、お相手様へ連絡可能となりますが、お相手様によってはアドレスをお教えできない方もいらっしゃいます。そういった場合の為にパートナーエージェント会員様専用のwebメールをご活用ください。

相手の連絡先を教えてもらったら、すぐにでも連絡を取りたくなりませんか?恋愛に奥手の僕でもウズウズしちゃいます!焦る気持ちを抑えて、教えてもらった事を整理すると、相手への連絡方法は【直接連絡するメールアドレス】と【パートナーエージェント会員用のwebメール】の2種類があるって事ですね。

独身男性タカシ
直接連絡を取るのとwebメール、どちらを利用した方がいいのでしょうか?
パートナースタッフ
もちろん直接お相手様とメールをされてもいいのでしょうが、webメールは非常に便利で安心できるサービスなんです。交際が間もない時期はwebメールでやり取りされる方がおススメです。

カップル成立件数トップクラスのパートナーエージェントのスタッフさんが自信を持ってオススメするのだから間違いない!そのwebメール機能について引き続き紹介していきます。

webメール機能で相手の連絡が可能に

パートナーエージェントの会員サイト上にはマイページの画面があり、こちらでメールのやり取りが可能となっています。

パートナーエージェントのwebメールでできる事
  • 交際相手との連絡
  • コンシェルジュとの相談
  • サポートデスクとのやり取り

パートナーエージェントのwebメール機能、イマイチわかりにくいと思うのは僕だけでしょうか?というのも、女性とは一度お会いして、連絡先も教えてもらったのならwebメールを使わなくてもスマホのLineやメールの方が使いやすいのに、と思いませんか?

独身男性タカシ
パートナーエージェントのwebメールって使わなくても良くないよね?
独身女性ナオ
タカシさん、何言ってるの!全然わかってないわね。
パートナースタッフ
それではwebメールを使う理由をもう少し詳しく紹介しますね。
パートナーエージェントのwebメールを使う理由
  • 初対面同士だからこそ直接のやり取りはしない
  • 直接のアドレス交換は交際中止後のストーカー行為を防ぐ
  • 交際が順調に行くまでコンシェルジュが全力でサポート

初対面同士だからこそ直接のやり取りはしない

パートナーエージェントのコンシェルジュの活動は、お相手の紹介だけの仕事ではありません。コンシェルジュはパートナーの性格を友達以上に把握しています。1回会っただけでは外見はともかく、内面は絶対にわからないですよね?

お相手と仲良くなるために、コンシェルジュを通じてアドバイスをもらうのがゴールへの近道です。

直接のアドレス交換は交際中止後のストーカー行為を防ぐ

デートを重ねて行く中で、はじめはいいなと思っても段々相手のイヤな部分が見えてきて、交際をお断りする事もありますよね。突然の交際中止によってストーカー行為に発展する事もあり得ます。直接のアドレス交換をすると、自宅や勤務先まで特定される可能性があります。

そういったトラブルをなくすためにもパートナーエージェントのwebメールでやり取りをしましょう。

交際が順調にいくまでコンシェルジュが全力でサポート

お相手の事をもっと知りたい、と思うのであれば、どんどんコンシェルジュを頼ってください。コンシェルジュwebメールでいつでも相談が可能ですし、悩みがある時はその想いをコンシェルジュに打ち明けてください。きっと最後の背中を押してくれるハズです!

コンシェルジュ=はっきり言って親友以上に頼もしい存在です。コンシェルジュは何十人ものカップルを成立させてきた実績を持っています!ひょっとしたら恥ずかしい悩みがあるかもしれません。僕で例えたら、『何回目のデートで結婚の話を切り出してもいいのでしょうか?』みたいな感じですかね?

考えただけで汗が噴き出してきましたが(笑)、イヤイヤ、きっとコンシェルジュが僕に見合った最高の答えをだしてくれるハズです!

パートナースタッフ
会員様の気持ちを一番に考え、寄り添いながらアドバイスさせていただきます。

パートナーエージェントのコンシェルジュはある意味、異性を紹介してからがお仕事!交際が上手くいくようにサポートしてくれる仲人の役割ですね。紹介したら終わり!じゃなくてゴールインまで見守ってくれる頼もしい存在ですね。

パートナーエージェントでは交際成立後が大事!メール送信時の注意点

 

初対面のパートナーとお話して、多少気持ちはほぐれたかと思います。でももっと仲良くなりたい!相手の事を知りたいと思いますよね?その為にはお会いした次のアクションが一番重要です!つまり会ったあとのメールが大事なんです。

先ほども書きましたが、お互いの交際が同意されればパートナーエージェントからお相手の連絡先、およびwebメールで連絡が可能です。せっかくいい印象だったのに、メールでお別れみたいなことにならないようにここではメール送信時のNG事例をまとめておきます。

初対面後の【NGメールとは】
  1. メールを打つ時間に気を付ける
  2. メールの内容に責任を持つ
  3. メールの出し過ぎには要注意!

メールを打つ時間に気を付ける

仲のいいカップルならともかく、お相手の日常生活を把握していませんよね?お見合い時に多少、仕事の事は聞いていても、就寝時間は千差万別です。「22時ならまだ起きているよね?」みたいな考えは要注意です!

普段の生活サイクルに関してはコンシェルジュに一度相談してから、メールをしてもいい時間帯を聞き出してみましょう。

メールの内容に責任を持つ

交際成立後、何回かやり取りをしたのに交際のお断りされるケースで一番多い事例がこれ!わかりやすく言うと、【約束を破る事】です。デートの日にちを間違えた、ちょっとでも良くみせるために嘘を書く行為は後で痛い目にあいます。

お相手と真剣に交際したいのならば、メールは正直に、書いた内容は送信前に間違いがないか確かめましょう。

メールの出しすぎには要注意!

こちらも交際のお断りに発展しかねません。『今頃何をしているのかな♪』と頭で考えるのはいいとして、返信がないからといって何回もメールを送られるって嫌ですよね?

ひょっとしたら急用や病気で返信できないのかもしれません。それでも3日以上経っても連絡がない場合であれば、コンシェルジュに相談してみましょう。

独身男性タカシ
全部、当たり前の事じゃない?
独身女性ナオ
タカシさんは好きな人がいたらすぐにしそうな事だからあえて言ったの。本当に気を付けてよ!
独身男性タカシ
はい!絶対にしません!
パートナースタッフ
まずはお見合いに来てくださった感謝の気持ちを自分の言葉でお伝えし、今後の予定の提案をすると、交際が順調に行くカップルが多いですね。タカシさん、私も応援しています!
独身男性タカシ
なんか、元気が出てきました!パートナーエージェントさんなら僕の理想の女性が現れそう♪

いやはや、反省しきりです。恋愛メールの達人と思っていましたが、これからはパートナーエージェントのコンシェルジュさんに一から教えていただきます!

まとめ

  • パートナーエージェントはコンシェルジュによりお見合いをセッティングしてくれる
  • お見合い後、相互の同意により連絡先、メール交換が可能
  • メールはパートナーエージェント内『webメール』を使って行うこともできる
  • webメールはプライバシー漏洩がなく、いつでも安心して使用ができる
  • 交際後のメールはお相手感謝の気持ちを伝えて、次のデートにこぎつける!

ナオさんからパートナーエージェントの事について聞いていたらますます結婚願望が芽生えてしまいました!僕のように婚活がしたくなった!という方にはパートナーエージェントの口コミの真実!で口コミチェックしてください。

恋愛偏差値が低いと思っている方は必見です。


昔は約7割がお見合いで結婚していました。言い換えれば、お見合いのおかげで結婚できる人が多かったんです。

その後、徐々に恋愛結婚が増えていき、お見合い結婚は約6%まで減りました。

今、恋愛結婚が主流の中、恋愛が苦手な方、積極的にいけない人など恋愛偏差値がそんなに高くないにとっては大変厳しい現状なんです。

でも、そんな方もきっかけやお見合いのチャンスがあれば、結婚できる可能性が一気に上がります。まずはきっかけ作りから始めることが大事です。そうすることで、結婚して幸せをつかむことができると思います。

結婚情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です