パートナーエージェントの調査項目!!結婚の幸福度指数とは??

人付き合いが苦手
喋りもそんなに上手くない
本当は結婚に興味はあるが、今さら人には言えない
今の自分の生活に若干満足してる
振られるのがいやだから守りに入る
とりあえず今を現状維持

もしかしたら僕は結婚に向いてないかも。。

今までの僕はこんな感じでした。

でも、婚活EQ診断で自己分析し、自分の弱点や良いところを見つめ直したら人生変えることができました。


本当に結婚に向いてるかわからない方は話題の「婚活EQ診断」で自己分析してみよう♪ 婚活EQ診断
診断はたったの3分!しかも無料で気軽にできます。

「結婚は人生の墓場」とは、一般的に男性によってよく使われる言葉で、自由になんでも勝手気ままにできていた独身時代とは違い、パートナーと家庭を築くことでなんでも好き勝手にできなくなることを嘆いて使われる言葉ですね!

でも実際のところは「結婚して幸せになりたい」と思う人が多いのも事実で、真剣に結婚を考える人たちがパートナーエージェントのような結婚相談所を利用するわけです。

結婚したことで幸せになるって実際にどういうことなんでしょうか?それを「結婚の幸福度」として数値化したデーターがあります。ちょっと面白そうなので調べてみましたよ!

結婚の幸福度指数、QOMって一体なに?

結婚の質、「Quality of Marriage」を略したもので、「結婚すればみーんな幸福である」という昔ながらの感覚に疑問をもち、結婚生活にも幸福度の差があり「結婚の質」の違いがあることを客観的にみるために開発された指数です。

単にお互いの相性というわけではなく、各個人が今の結婚生活にどのくらい幸せを感じられているかというのを数値化したものですね!なんだかとてもユニークです!

体験者 男性
TVで見たんだけど、海外ではなんでも数値化する試みが多いらしいね!ブータンのGNH(国民総幸福度指数)やフランス・イギリスなど様々な国でも「幸福度」に関して数値化しているらしいよ!

なぜわざわざ数値化を?QOM開発の目的

QOMは、成婚率NO1を誇るパートナーエージェントと生活者の意識や行動に関する様々な研究を行っている博報堂と共同で開発しました。

パートナースタッフ
私どもは、パートナーとの出会いの提供にとどまらず、結婚後の生活の質までをお客様にお約束していきたいと考えました。そして、現代における結婚の本質的な意味や、幸福の形成要素がどこにあるのかを捉えた上で、出会いから結婚後までをトータルでサポートするためのサービスとしてQOMを開発したのです。
独身男性タカシ
よくみるあれですかね?恋愛の相性テストみたいなやつ。いろんな項目のアンケートに答えていって、点数が高いと相性がいいみたいな。
パートナースタッフ
え・・ええ!まぁそんなもんですけど。もうちょっと意味が深い感じですかね(笑)では少しご説明いたします。

男性と女性はそもそも全くの異なる文化を持っています。結婚というのは究極の異文化コミュニケーションと言ってもいいのではないでしょうか。日本ではどうしても結婚をゴールだという考えがあります。しかし、考え方によっては異文化コミュニケーションのスタートとも言えますよね!

人間は、完全にお互いの文化を理解することはできない」と思います。夫婦はお互いが異なる存在であり、異なる文化を持つということを意識することで、結婚後のコミュニケーションが活発に行われるはずです。QOMのテストには6つの重要なコミュニケーション能力があります。実際に体験していただくとより理解を深めていただけると思います。

実際にQOMをはかってみよう!80項目にトライ

6つのコミュニケーション能力を図る80項目の質問が出されます。それを順に答えていくことによって、自分のQOL数値がでるわけですね!ではテストを実際にやってみましょう!まずはじめに、自分の基礎データーを入力します!

QOLテスト個人データー内容
  • ニックネーム(個人情報保護のため)
  • 性別
  • 年齢
  • 現在お住まいの住所(都道府県)
  • 既婚か未婚か
  • 現在の子供の数(未婚の場合この質問はでない)
  • 将来に予定している子供の数(未婚の場合はこの質問はでない)
  • 理想の子供の数
  • 結婚何年目か(未婚の場合はこの質問はでない)

上記の質問に答えたのちに、テストがスタートします。6つのコミュニケーションごとにそれぞれ質問が設定されていて、全部で80項目あります。あまり深く考えずに素直な気持ちとほぼ直観でこたえてくださいね!

独身男性タカシ
これ、未婚の僕でもできるんですね!でも相手がいないからなんとなく結果が違う気がするなあ・・。
パートナースタッフ
あ。いえいえ。お相手がいる「未婚」の方ですね。残念ながらタカシ様にはテストを受けていただけません。お相手が見つかってからまた是非お願いしますね!

では、僕はQOMテスト実施のナビゲーターとしてご案内していきますね!

QOMテスト項目の一部
  1. 日頃からパートナーに、本音や悩みを言えていますか。
  2. パートナーは、あなたの笑いや感動のツボをわかっていると思いますか。
  3. パートナーは、あなたのしていることや考えていることに興味があると思いますか。
  4. パートナーは、あなたのことを”異性”として見てくれていると思いますか。
  5. あなたの「思いやり」の気持ちは、パートナーに届いていると思いますか。
  6. パートナーは、あなたの「性格」について満足していると思いますか。
  7. パートナーは、あなたとの「コミュニケーション」について満足していると思いますか。
  8. パートナーは、あなたの「休日の過ごし方」について満足していると思いますか。
  9. パートナーは、あなたの「交友関係」について満足していると思いますか。
  10. あなたがパートナーから尊敬されていると思う能力や特技を数え上げてみてください。全部でいくつありましたか。
  11. パートナーは、いつでも自分に対して、客観的な視点を持ち続けていると思いますか。

こういう感じの質問が続きます。実際にやってみるとサクサク進めて5分程度で全部終わります。80項目全部こたえると、最後に「あなたのQOMはいくつだと予想していますか?」と聞かれます。

最後の質問
  • 0点・・・・すぐにでも離婚したい
  • 500点・・・可もなく不可もなく
  • 1000点・・ 最高に幸せ

この点数を基準として数字を入力したのち、自分のQOM数値と6つの項目の分析結果が提示されます。なんかゲーム感覚でやって楽しいのに、自分の知らない自分を教えられる感じですごくドキドキしますよね!

QOMテスト 診断結果からわかること

6つのコミュニケーション項目ごとに点数がでて、その合計点数がその人のQOM数値となります。下図の三角形の上にいけばいくほど、発揮するのは難しい能力なんだそうですよ!

引用:パートナーエージェント公式

  • 自己PR力

自分の性格や価値観、行動パターンを、言葉や態度でパートナーに伝え、理解してもらえる力を持っているほど、現在の結婚生活に対する幸福度が高い。

自分の考えをパートナーが正しく理解してくれれば、居心地がよくてツーカーな関係でいられるってことですね!

  • 観察力

パートナーの性格や価値観、行動パターンをいち早く的確に観察し、感じ取って理解する力を持っているほど、現在の結婚生活に対する幸福度が高い。

パートナーの魅力を言葉にすることで、あたらめて自分が相手を選んだ理由がより明快になりますね!他人様にのろけ話ができるのも能力のひとつです!例え悪いとこをであっても、それを改善するための提案ができればより良い関係が作れますね!

  • 仲良し力

スキンシップや、仲良しを再認識できるコミュニケーションを積極的に取る力を持っているほど、現在の結婚生活に対する幸福度が高い。

他人の前では恥ずかしいような呼び名も、スキンシップと同じくらい幸せになれる要素です。友達夫婦との交流など、他の夫婦の仲良し行動と直接比較することも時には必要です!年齢を重ねると恥ずかしさも出てきますが、そこは努力ですね!

  • けんか力

パートナーとのケンカをうまく活用して、お互いの理解を深めたり、本当にぶつかったときのの炎上具合をコントロールできる力を持っているほど、現在の結婚生活に対する幸福度が高い。

「ケンカするほど仲がいい」というのは本当です。QOMが高い夫婦は仲直りの時のルールをきちんと持っていて、ケンカに対して前向きなのが特徴ですね!けんかを長引かせるのは時間と労力の無駄ですもんね。

  • 過去未来力

自分とパートナーの共通の歴史やビジョンを多く持ち、二人でいることの意味を日頃から認識する力を持っているほど、現在の結婚生活に対する幸福度が高い。

お互いの「これまで」と「これから」を共有して、二人で一緒にいる理由を考えることが重要ですね。結婚指輪や家族写真は「これまで」について考える大切なアイテムです。僕も写真はたくさん撮った方が思い出が増えて、会話が増えるのでいいと思います。

  • 境界力

夫婦であると同時に、別個の人間としての社会生活を認め、パートナーと自分との違いを受け入、線引きできる力を持っているほど、現在の結婚生活に対する幸福度が高い。

一緒に暮らすからこそ、パートナーとの縄張りの線引きはとても大切です。結婚しているからといって、相手のものは自分のものという考えはナンセンスですよね!個人を認めるからこそ、自分にないものを尊敬できるのだと僕は思います。

QOM結果からみる結婚生活への活用法

全国でたくさんのご夫婦やカップルがQOMテストをされ、集まった膨大なデーターを分析しました。すると既婚と未婚では項目によってまったく違う面白い結果になったようです!結婚生活を送っていくためのヒントを得られるかもしれませんね!

結婚すると心の絆が深まる?!

結婚している夫婦とカップルとでは何が違うのでしょうか?夫婦の方が高かった質問項目を分析することで、結婚幸福度を高めるポイントが見えてきます!

【既婚>未婚】
  • 自宅に二人が映っている家族写真を飾っていますか?(過去未来力)

※二人の思い出を大切に、共有することができているかどうか。

  • あなたはパートナーの「怒る」ポイントをわかっていますか?(けんか力)

※相手をきちんと理解できているかどうか。

  • 休日にパートナーと一緒に外出していますか?(仲良し力)

※二人の思い出を一緒に作れているかどうか。

パートナースタッフ
夫婦と結婚していないカップルの大きな違いは、ともに過ごす時間により作り出される結果に表れています。特に、夫婦の過去未来力が高い質問などは、二人の関係性が深まった際に高まるため、このような結果になっていると考えられます。夫婦の方は、この機会に改めてパートナーを異性として尊重し、愛情を直接表現してみてはいかがでしょうか
独身男性タカシ
結婚してもいつまでも恋人同士のような感じで接することで、幸福度もあがるんですね!こういうのがわかっていると相手に対しての想いや接し方がわかっていいなあ!

結婚後は愛情が減少?!

結婚していないカップルの方が高かった項目を分析すると、夫婦は心の絆が高まる一方で、愛情の直接表現が減少していることがわかります!

【未婚>既婚】
  • パートナーのことを異性としてみていますか?(観察力)

※異性として相手に接し、大切にできているかどうか。

  • パートナーと仲直りをする時、キスをしていますか?(けんか力)

※言葉だけでなく態度で表現できているかどうか。

  • パートナーとセックスをしていますか?(仲良し力)

※触れ合う特別な時間を作れているかどうか。

パートナースタッフ
結婚していないカップルと夫婦の大きな違いはコミュニケーションの取り方にありました。結婚していないカップルは直接触れ合うことでパートナーとコミュニケーションを図っているようです。また全体の数値に関しても夫婦より高い結果となり、2人の関係性に満足していることがうかがえる結果となりました。これでは結婚に進む方も少なくなっちゃいますね。
独身男性タカシ
結婚して愛情が減少するのではなくて、心の絆が深まった分「家族」になって相手を異性としてみなくなってくるから愛情が減ったと勘違いするだけなんじゃないかな?やっぱり結婚はしたほうがいいと僕は思う!

この機会に、結婚していないカップルはパートナーとこれまでの思い出や2人のこれからについて話し合ってみてはいかがでしょうか?

結婚年数によって幸福度にも変化が?!

結婚年数が長くなれば、その分結婚幸福度も下がると思われがちです。実際、結婚年数が1年増えるとQOMは下がり、特に仲良し力は結婚年数に比例し低下します。

しかしどの項目においても、30年を超えると再び増加する傾向がみられます。幸福度は二人の置かれている状況や周囲の環境により異なります。だからこそ、健康診断のように定期的にQOMを受験し現状を認識してみてください。

それぞれ時期に合わせて、その時々の夫婦のカタチをぜひ大切にしていただきたいですね!

ここまでナビゲーターをしてきた僕は、なぜ結婚をしたいのかと聞かれたら、結婚をすると幸せになれるからと答えていたと思います。でも結婚生活は簡単ではないことも知りました。でも好きな相手と「家庭」を築いていく努力をするのはそんなに苦しいことではないと思います。

早く同じ気持ちを共有できる相手に出会いたいです!婚活している皆さん、あなたもパートナーエージェントで素敵なお相手をみつけましょう☆まずはこちらでしっかり確認してください♪

パートナーエージェントのスタートに関する虎の巻

まとめ

  • QOMとは、どれくらい幸せなのを客観的に数値化したもの。
  • 80項目のテストを受けると自分の幸福度が判明
  • 6つのコミュニケーションの能力数値で、知らない自分が明確に!
  • これからの夫婦の在り方をパートナーと一緒に考えよう!

数値ごときでなにがわかる?!と思っていましたが、結婚後までトータルにサポートしたいというパートナーエージェントならではの素晴らしいサービスだと思いますね。僕も相手をみつけて、幸福度の高い結婚生活を送りたいと思います!

 

 

 

恋愛偏差値が低いと思っている方は必見です。


昔は約7割がお見合いで結婚していました。言い換えれば、お見合いのおかげで結婚できる人が多かったんです。

その後、徐々に恋愛結婚が増えていき、お見合い結婚は約6%まで減りました。

今、恋愛結婚が主流の中、恋愛が苦手な方、積極的にいけない人など恋愛偏差値がそんなに高くないにとっては大変厳しい現状なんです。

でも、そんな方もきっかけやお見合いのチャンスがあれば、結婚できる可能性が一気に上がります。まずはきっかけ作りから始めることが大事です。そうすることで、結婚して幸せをつかむことができると思います。

そんなきっかけを無料ではなく、あえて有料で本気に婚活することが成功の近道だと言えます。

結婚を本気で考えている、そろそろ結婚を考えたいと思っている人は結婚相談所というスタイルもありです!むしろ恋愛よりも結婚を本気で考えている人たちが集まっています↓↓


結婚情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です