お見合いで好印象を残せる自己PRの方法は?書き方を徹底解説!

人付き合いが苦手
喋りもそんなに上手くない
本当は結婚に興味はあるが、今さら人には言えない
今の自分の生活に若干満足してる
振られるのがいやだから守りに入る
とりあえず今を現状維持

もしかしたら僕は結婚に向いてないかも。。

今までの僕はこんな感じでした。

でも、婚活EQ診断で自己分析し、自分の弱点や良いところを見つめ直したら人生変えることができました。


本当に結婚に向いてるかわからない方は話題の「婚活EQ診断」で自己分析してみよう♪ 婚活EQ診断
診断はたったの3分!しかも無料で気軽にできます。

お見合い以外でも、会社の面接やSNSなど人と関わる場所では必ず初めに「この人はどんな人だろう?」と思うことがありますよね?

「自己PRして下さい。」と言われた時、自己分析ができていてスラスラと自己PRができればいいのですが、自己PRは苦手で出会った人に上手く自分をPRできないという人は少なくありません

しかし、お見合いでは自己PRが特に重要です。きちんと自分をアピールして相手に知ってもらい好印象を与える事でお見合いの成功率もグン!と上がります。自己PRが苦手という人もコツさえ掴めば簡単にできるので書き方を紹介していきますね。

お見合いで自己PRを書く目的は?

まず自己PRを書く目的ってなんだと思いますか?お見合いをする場合、もちろん顔写真やプロフィールが必要です。

ですが、これらは名前、生年月日、血液型やこれまでの経歴といった表面的な内容で、本当に知りたい事は「なんでお見合いしようと思ったの?」「好きなタイプの人は?」といった内面的な部分ですよね。

相手に興味を持ってもらえる

お見合いでは、自己PRは自分を知ってもらう重要なポイントです。自己PRの内容が少ないと、相手に印象を与えることができませんし、興味を持ってもらうことも少ないでしょう。

自分が知りたい事は相手も知りたい場合が多いので、相手に興味を持ってもらう為には、面倒だと思っても自己PRは手を抜かずしっかりと書くことが大切です!

共通点を見つけることができる

気になった相手の人がいれば、まず自分との共通点を探しますよね!自分に合ったお見合い相手を選ぶ判断材料にもなります。共通点があれば「この人と話してみたい!」と相手に思ってもらえるので自己PRだけで、どのような人か分かるように細かい部分まで書くことが大切です。

独身男性タカシ
見れば分かるよ!っていう内容よりも、恥ずかしがらず自分はこういう人間です!ってPRした方が共通点が見つけられて、いい出会いがありそうだね。

ウケる自己PRの内容とポイント!

文章の構成は大体決まっています。必死にPRしすぎて、あまり盛り込みすぎると逆に相手の印象を悪くしてしまうので、お見合いの自己PRでは次の要素を簡潔に書くようにしましょう。

自己PRの構成
  • 出だしの挨拶
  • 活動を始めたきっかけ
  • 趣味・特技のアピール
  • 休日の過ごし方
  • 理想のカップル像、結婚像
  • 終わりの挨拶
独身女性ナオ
自己PRは難しいって感じがしていたけど、重要ポイントはこの6つだけだから部分的にしっかり書いていけば簡単にできそう!

出だしの挨拶のポイント

まず、出だしは「はじめまして」が多いですが、ここは「見てくださってありがとうございます」という言葉から始めましょう。これだけでも、ほかの人とは違う!謙虚な人!という印象を与えることができます。

数多くのPRの中から他の人よりも興味を持って自分のPRを見てもらっているので、この言葉が入っているだけでもすごく好印象ですね♪

活動を始めたきっかけ

出だしの挨拶の次によく書かれるのが、活動を始めたきっかけです。結婚したいと思うきっかけは人それぞれあると思いますが、あまり難しく考えずに真剣にお見合いをしたいけど、これまでいい出会いがなくて活動している事をさりげなく書きましょう

趣味、特技のアピール

ここは共通点を見つけやすい項目です。相手とのやり取りで話題にできるネタを書いておくという目的もあります。1つだけではなくて、2~3つ記入しておいた方がお互いの共通点も見つけやすくなり印象が良いですね。

特に書くことがなくても「特になし」だけにはならないように気を付けましょう!これから挑戦してみたい事を書いてみると前向きで向上心がある印象になっていいですよ♪

休日の過ごし方

この項目は趣味と似ているところですが、休日の過ごし方からはその人のライフスタイルや人生観が分かりますので、意外と相手にチェックされていることが多いです。

書き方のポイントは「誰と何をして過ごしているか」を具体的に書くことです。ダラダラ書いてしまいがちなので、自分の個性が出るものを1~3つ程度選んで書くことが大事です。

理想のカップル像、結婚像

あまり詳しく書きすぎると自分の理想を相手に押し付けてしまう感じになってしまうので、ポイントは控えめに書くことです。「こんな結婚生活がしたい!」という自分の将来像を伝えると共感してもらいやすくなります。趣味や価値観と絡めるとオリジナリティが出ていいですね。

終わりの挨拶

最後まで書けたからといって気を抜いてはいけませんね!ここでも最後まで読んでもらったことへの感謝の気持ちと「必ずお返事します。」というアピールは絶対にしてください。

これだけで相手からのアプローチが来る確率がすごく上がります♪「必ず」と言われたら「アプローチしてみようかな。」という気持ちにもなります。

縁結びレジェンド
あまり難しく考えず、目の前に相手が居ることを想像すれば文章も思いつきやすいかもしれませんね。焦る気持ちも分かりますが、肩の力を抜いてリラックス!リラックス!

お見合いでは自分の事を知ってもらうのも大事ですが、初めて会うもの同士、挨拶も重要なポイントになってきますよね!挨拶にもマナーがありますので、お見合いの挨拶で好印象を与える方法って?の記事も参考にチェックしてみてくださいね。

まとめ

  • 自己PRは内面的な自分を知ってもらう為に書くもの。
  • 相手も共通点を見つけやすくなって気軽にアプローチできるようになる。
  • 重要ポイントは6つ。
  • ダラダラ書かずに自分の個性が出るものを数個書くとオリジナリティが出る。

自己PRを制する者がお見合いを制する。といった感じでしょうか。決して他の人より上手に書こうとは思わずに、ありのままの自分をPRできるといいですね。

結婚に対する真剣な気持ちがあれば、文章を書くことやアピールが苦手でもそこまで気にする必要はありません!一番、気持ちが大切ですからね♪頑張って自己PRにかけた時間は決して無駄にはなりませんし、自分の自信にも繋がります!

恋愛偏差値が低いと思っている方は必見です。


昔は約7割がお見合いで結婚していました。言い換えれば、お見合いのおかげで結婚できる人が多かったんです。

その後、徐々に恋愛結婚が増えていき、お見合い結婚は約6%まで減りました。

今、恋愛結婚が主流の中、恋愛が苦手な方、積極的にいけない人など恋愛偏差値がそんなに高くないにとっては大変厳しい現状なんです。

でも、そんな方もきっかけやお見合いのチャンスがあれば、結婚できる可能性が一気に上がります。まずはきっかけ作りから始めることが大事です。そうすることで、結婚して幸せをつかむことができると思います。

そんなきっかけを無料ではなく、あえて有料で本気に婚活することが成功の近道だと言えます。

結婚を本気で考えている、そろそろ結婚を考えたいと思っている人は結婚相談所というスタイルもありです!むしろ恋愛よりも結婚を本気で考えている人たちが集まっています↓↓


結婚情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です