お見合いで話す内容はどんな話題が好ましい?繋げる会話とは?

初めて会う人との会話は、緊張して話題が思いつかずに何を話していいのかわからない!会話に自信を持っている人って羨ましい!って思ったことありませんか?

上手く話せず沈黙の時間が流れていき気まずい空気が流れてしまう・・想像するだけで恐ろしいです。特に自分の人生を左右するかもしれないお見合いの席での沈黙は次に繋がらなくなる可能性が大ですよね。

今回はお見合いでどんな内容の話をすれば、相手に良い印象を持ってもらうことが出来るのかを調べてみました。

お見合いの場は緊張する!どんな話題で話をしたらいいの?

お見合いは初対面の相手と初めて話すわけですから誰だって緊張します。お見合いは緊張するのが当たり前なんです!相手の方だって同じように緊張しながらきっと来ていると思います。まずはお互い緊張を和らげ、リラックスできる話題から入っていきましょう♪

話の内容に困ったら『たちつてとなかにはいれ』で共通点となる話題を見つけよう!

まずは共通点となる話題を見つけることが大事です。共通の話題を見つけるためには、『たちつてとなかにはいれ』というフレーズを覚えましょう。『たちつてとなかにはいれ』とは、会話の基本となる合言葉で話題の頭文字をつなげたものです。

『たちつてとなかにはいれ』とは何?
  • た⇒食べ物・・・・おすすめの飲食店について聞いたり、話題の商品について語ってみる。
  • ち⇒地域・・・・・出身地の話は自分の出身地と近い場所であったり、知っている地域だと一気に親近感が湧きます
  • つ⇒通勤・通学・・お見合い場所までどのように来たのかや途中でのエピソードなど
  • て⇒天気・・・・・会話の最初に緊張感をほぐすきっかけとして使うのがベスト。
  • と⇒友達・知人・・聞かれてもいないのに自分の友人について色々と話すのはNG「相手の話を受けてから、友人の話を引き合いに出す」のがポイント!
  • な⇒名前・・・・・変わった名前、変わった地名、読むのが難しい名前や地名など
  • か⇒体・・・・・・美容や健康法などの話
  • に⇒ニュース・・・大きな事件の報道など、最近あったニュースの話題
  • は⇒はやり・・・・今ブームで流行っている話や最近はまっている事
  • い⇒異性・・・・・好きな芸能人は?とか好きなタイプは?などの会話
  • れ⇒レジャー・・・休日に行ったお勧めスポットや、休日の過ごし方など

話の材料が少ないとすぐにネタがなくなってしまい会話も弾まなくなります。事前に話題の引き出しを準備しておきましょう

独身男性タカシ
こうやって見てみると、結構話題っていっぱいあるんだね!

話題を繋げていく会話例は?

例として天気の話から入っていく場合は、会話の最初に緊張感をほぐすキッカケとして使うのがベストです。

天気を使った会話例
  • 『繋がらない会話例』

男性「今日はいい天気ですね」
女性「そうですね」
男性「…」

  • 『繋げていく会話例』

【part:1】

男性「最近、寒くなってきましたね」
女性「そうですね」
男性「うちの地元には近くに紅葉スポットがありまして今すごく見頃で綺麗なんですよ。」

【part:2】

男性「最近、雨が多いですね」
女性「そうですね」
男性「来週は旅行に行く予定があるから、天気良くなってほしいんですけどねー。○○さんは旅行は好きですか?」

縁結びレジェンド
「繋がらない会話例」のように会話が続かなくなってしまっては元も子もありません。天気や季節の会話のポイントは、「天気・季節の話+何かの情報」にすることで話題が広がります。このように会話について色々なポイントから話を繋げていけば、初対面の人でもスムーズに話を進めていけますよ。
独身男性タカシ
なるほど!さっきのキーワードをどんどん繋げていけばいいのか。これなら話題に困らないぞ!
独身女性ナオ
でも、だからと言ってコロコロと話題を変えるのはよくないわよ!相手の方も疲れちゃうわ。

最初の挨拶で第一印象が決まる!

第一印象は最初のわずか3~5秒で決まるといわれています。お見合いでの話の内容は話題も大切ですが、マナーとして最初と最後の挨拶も重要なポイントです。

挨拶は先に声をかける事が重要で、「○○さんでしょうか?始めまして○○です」と積極的に声をかけ始笑顔で接しましょう。「こんにちは!」「はじめまして」と初対面であいさつを交わす間に、脳はその人の印象を決めてしまうのです。

挨拶の会話例
  • 最初の挨拶「初めまして○○と申します。今日はお会いできてとても嬉しいです。よろしくお願いします。」
  • 最後の挨拶「今日は楽しい時間をありがとうございました。またお会いできると嬉しいです!」

感謝の気持ちは結婚生活において重要になってきますので、会えた喜びやお見合いに対する真剣度を込めきちんと挨拶をする事で礼儀が正しい方だという印象が相手に伝わります。

縁結びレジェンド
初対面は緊張と恥ずかしさでぎこちない挨拶になりがちですが、小さな声で挨拶されるよりも笑顔でハキハキと挨拶されたほうがお互いに気持ちが良く印象も良いものです。相手の女性に聞こえるくらいの明るい声で目を見ながら挨拶をすると良いでしょう。

話をする時の注意点はここを意識しよう!

自分が相手にどんな印象を与えたいかをイメージして、見た目や話し方話す内容を意識することが大切です。

  • 【相手を名前で呼ぶ】

「〇〇さん、こんにちは。」「〇〇さん、初めまして。」など事前のプロフィールで名前を確認し、まずは挨拶で相手の名前を呼んでみましょう。

とても些細なことですが、相手は名前を呼んでもらえると親しみを感じやすく、初対面でも打ち解けやすくなります。

その後会話の中でも名前を呼ぶと効果的です。でもあまり過剰に名前を呼んだり、下の名前で呼んだりすることはやめましょう。

  • 【相手の話すテンポ合わせるようにする】

相手がゆっくりなら、自分もゆっくり話す。早口なら自分も合わせて話す。

相手にテンポを合わせると「この人とは話しやすいし気も合いそう。」「またこの人とお話したいな。」と好感を持ってくれやすくなります。

また、お見合い結婚は最近では少なくなっていますが、出会いが少ないなど結婚したくても恋愛に発展しない方は、気軽に自分から試せる婚活サービスのパートナーエージェントも紹介しています。

パートナーエージェントについて知りたいと思ったら、『パートナーエージェントのお見合いの基礎知識をこっそり紹介!!』でお見合いを行う際に気をつけておくポイントや使える豆知識、そしてまずは基礎から身につけておきましょう。

まとめ

  • 話題に困ったら、『たちつてとなかにはいれ』を活用しよう
  • 「天気・季節の話+何かの情報」で話題を広げよう
  • 挨拶はきちんと、終始笑顔で接するようにしよう
  • 相手の話すテンポに合わせよう

お見合いで会話を盛り上げるためには、事前に準備しておくことが必要不可欠です。生涯を共にするかもしれないお見合いですから大切にしていることや普段の生活、仕事の内容など何でも聞いて、充実したお見合いにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です