お見合いの方法にはどんなものがあるの?徹底調査しました!!

人付き合いが苦手
喋りもそんなに上手くない
本当は結婚に興味はあるが、今さら人には言えない
今の自分の生活に若干満足してる
振られるのがいやだから守りに入る
とりあえず今を現状維持

もしかしたら僕は結婚に向いてないかも。。

今までの僕はこんな感じでした。

でも、婚活EQ診断で自己分析し、自分の弱点や良いところを見つめ直したら人生変えることができました。


本当に結婚に向いてるかわからない方は話題の「婚活EQ診断」で自己分析してみよう♪ 婚活EQ診断
診断はたったの3分!しかも無料で気軽にできます。

みなさんはお見合いって聞くとどんなイメージでしょうか?「〇〇に良い人がいるのよ~!」って母から写真を出されて言われるようなイメージでしたが、まさかその考えがもう古かったとは…歳って怖いです。

今まで、お見合いと結婚相談所は別物という認識でした。親戚がらみだけではなく結婚相談所でもお見合いになるんですね~。そんな時代遅れ(笑)な僕がお見合いの方法について調べてみたので、参考にしてみてくださいね!

結婚相談所もお見合い?2つのお見合い方法について!

お見合いとはそもそもなんだろうと気になってみたので調べてみると、世話人と呼ばれる第三者が男女の間に入り、仲介を行うことだそうで、そうなると現代では結婚相談所もお見合いに入ることになりますね!

お見合いの方法は、大きく分けて2つあります。1つ目は結婚相談所でお見合い、2つ目は昔ながらのお見合い仲人式お見合いです。それぞれについて細かく見ていきましょう。

結婚相談所でのお見合い方法

まずは自分に合った結婚相談所を探して登録します。その時に必要な書類は場所によりますが、住民票・独身証明書・身分証明書・収入証明書・資格証明書・学歴証明書の6つです。

独身男性タカシ
あの~独身証明書ってなんですか?
縁結びレジェンド
日本では法律で重婚が禁止されているので、独身を証明する書類になります。本籍地市区町村の役所に身分証と手数料(自治体による)を持って申請をすれば発行してもらえますよ☆

入会の手続きが完了したら、次はお相手探しです。担当の方から勧められたり、自ら探して条件の合う人が見つかったらお見合いを申し込みます。相手からOKが出ると日にち・場所を決めていざお見合い。という流れになります。

結婚相談所でお見合いの流れ
  1. 結婚相談所に登録(必要書類:住民票・独身証明書・身分証明書・収入、資格、学歴証明書)
  2. 条件に合う人を探す
  3. お見合いを申し込む
  4. 了承されたら日にち・場所を決める
  5. お見合い

仲人式のお見合い方法

仲人をたてるお見合いでは、まず仲人探しから始まります。親戚会社の上司など「信頼のおける人」でお見合いを仲介したことがある方にお願いします。今となっては仲人式お見合いは減っているので、仲人ができるような人を探すのはなかなか難しいかもしれませんね。

仲人が決まると、仲人がこちらの性格などを考慮して合う人を勧めてくれます。お見合いの判断材料になる釣書を相手が見つかる前に書いておきましょう。

縁結びレジェンド
タカシさんに聞かれる前に教えますが、釣書とは「身上書」とも呼ばれる言わばプロフィールみたいなものですよ♪
独身男性タカシ
さすがレジェンドさん!お見合いって知らない言葉がいっぱいだ…。ちなみに何を書けばいいの?
縁結びレジェンド
お見合いの場合だと、生年月日・氏名・本籍地・現住所・学歴・職歴・現在の勤務地・資格や趣味を書きます。恋愛結婚の際でも挨拶のときに持っていくと自分を知ってもらえるツールとして役に立ちますよ☆

仲人に写真と釣書を預けて、お相手が見つかると仲人が紹介してくれます。双方が会いたいと思えば、仲人から伝えてもらいお見合いとなります。

仲人式お見合いの流れ
  1. 仲人になってくれる人を探す
  2. 釣書を書く
  3. 紹介された人に会いたいと思ったら仲人に伝える
  4. 双方会いたいと思えばお見合い
独身男性タカシ
こうして2つのお見合いを見ていると、身近な人が結婚相談所の人になったって感じだね!

縁結びレジェンド
結婚相談所はお見合いが発展したようなものなんですよ。今は昔ながらのお見合いも減って仲人を探すのが困難なので、結婚相談所でお見合いされる方のほうが多いですね。
独身男性タカシ
結婚相談所はお金がかかるのは知っているけど、仲人を頼むといくらかかるの?
縁結びレジェンド
では仲人に頼むといくらくらいかかるのか見てみましょう☆

結婚相談所と仲人式お見合いの費用っていくらくらいかかるの?

気になる費用はいくらくらいかかるのでしょうか。結婚相談所では、入会費・初期費用・月会費・成婚料の4つの料金がかかってきます。平均的に40万ほどかかるみたいですね。

次に仲人式お見合いの場合は、仲人の依頼をするときに渡す手土産(5000円ほど)・交際へ発展した時のお礼金(1~5万円)・結納後のお礼(結納金の1割~2割)・お車代・酒肴料で最低で20万ほどかかります。

酒肴料(しゅこうりょう)とは
飲食代にあたるお金のことです。基本は結納の儀式の後にお祝い膳として両家が仲人をもてなす食事会をするのですが、仲人が多忙の際は酒肴料を包んで渡します。
独身男性タカシ
仲人式のお見合いのほうが安いし親戚か上司に頼ってみようかな
縁結びレジェンド
先急ぐのはよくないわタカシさん。それぞれの良いところ悪いところをちゃんと把握して決めないと!

2つのお見合い方法のメリットデメリットとは?

結婚相談所と仲人式お見合いってどちらほうがいいのでしょうか。それぞれのメリットデメリットをあげていきます!

結婚相談所のメリット、デメリットは?

結婚相談所のデメリット費用が高いことです。平均的に40万ほどですが婚活期間が長くなればなるほどそれ以上にかかってきてしまいます。

そして、自分にあった結婚相談所を探すことが難しい点もあげられます。人が深く関わってくるサービスなので、合う合わないが出てきてしまうので苦労してしまうかもしれません。

次に結婚相談所でお見合いするメリットは、出会いの数が多いことです。システム化され出会う環境が整っているので登録している色んな方々と出会えることができます。

また、お店の人とお客さんという関係なので、お見合いの相手を断りにいという状態にならない点があります。

仲人式お見合いのメリットデメリットは?

仲人式お見合いのデメリット仲人を見つけにくいことですね。地域との関りも少なくなり、街コンや婚活パーティーなども頻繁に開催されている今、出会いの場が増え恋愛結婚がしやすくなっているのでその必要がなくなってきてしまっているためです。

あとは、身近な人ゆえに相手を断りづらくなったり、関係がめんどくさく思えてしまうことがあります。仲人の人に渡すお礼は気持ちという曖昧な目安になってしまうので考える手間が増えてしまうこともあげられますね。

次に仲人式のお見合いのメリットは、費用が結婚相談所理より抑えらえることです。結婚相談所に比べると費用が比較的安くで済みます。仲人さんは長期的なお付き合いをしていくので2人の良い相談相手になってくれるので心強いです。

そして、仲人という第三者が関わっていることで安易な気持ちで離婚破棄をすることがやりづらい環境なので、突然の婚約破棄という可能性が少なくなります。

それぞれのメリットを凝縮したような、僕がおすすめしたい結婚相談所があります。支払う金額明確安心でき、仲人のように寄り添ってしっかりとサポートしてくれるパートナーエージェントです。

気になった方はパートナーエージェントの口コミを徹底調査!口コミで見えた真実!で詳しく書いてあるので読んでみてくださいね!

まとめ

  • お見合いの方法は結婚相談所と仲人によるお見合いの2つ。
  • 2つのお見合いはそれぞれいいところがある。
  • 今の時代は結婚相談所のお見合いがしやすい。

時代の流れとともにお見合いの方法も変わってきましたが、昔ながらのお見合いも客観的にみてくれる良き相談相手ができるところは素晴らしいと思いました。

結婚相談所だけにしか目が行ってなかった僕ですが、仲人を頼める人がいたらぜひ頼んでみたいですね。自分の環境にあったお見合い方法で生涯のパートナーを見つけていきましょう!

恋愛偏差値が低いと思っている方は必見です。


昔は約7割がお見合いで結婚していました。言い換えれば、お見合いのおかげで結婚できる人が多かったんです。

その後、徐々に恋愛結婚が増えていき、お見合い結婚は約6%まで減りました。

今、恋愛結婚が主流の中、恋愛が苦手な方、積極的にいけない人など恋愛偏差値がそんなに高くないにとっては大変厳しい現状なんです。

でも、そんな方もきっかけやお見合いのチャンスがあれば、結婚できる可能性が一気に上がります。まずはきっかけ作りから始めることが大事です。そうすることで、結婚して幸せをつかむことができると思います。

そんなきっかけを無料ではなく、あえて有料で本気に婚活することが成功の近道だと言えます。

結婚を本気で考えている、そろそろ結婚を考えたいと思っている人は結婚相談所というスタイルもありです!むしろ恋愛よりも結婚を本気で考えている人たちが集まっています↓↓


結婚情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です